このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

協会 アワード獲得 国| 領域 Culture ドイツ ニュース WTN

欲しかった! あなたの最高の観光ビデオ

今年の国際観光映画とマルチメディアコンペティションの第22版は、ITBベルリンではありませんでしたが、19年2022月XNUMX日に「Bトラベルフェアへのack」 ドイツのビンゲンで。 eTurboNews ライブストリームでもリアルタイムでイベントを特集します。

世界 World Tourism Network 今年はゴールデンシティゲートと提携しました。
ユルゲン・スタインメッツ会長は、次のように述べています。 このイベントは、ITB期間中2年以上にわたり、多くの旅行および観光業界のリーダーの注目を集めてきました。 今年のビデオ授賞式が、ドイツのライン川にある美しい小さな町ビンゲンで開催される新しいBacktoTravelトラベルショーで行われることを知ってワクワクします。 Wolfgang Huschert氏は、ITBベルリンがXNUMX年連続でキャンセルしなければならなかったという事実にもかかわらず、この賞を継続することに彼の回復力が発揮されたことを示しています。

World Tourism Network (WTM)rebuilding.travelによって起動

」私たちはすべてを奨励します WTN メンバーは、ビデオや観光映画を寄稿して提出します。 あなたがのメンバーでない場合 World Tourism Network まだ、あなたは参加することができます WTN 2021年の会費は免除されます。 サインアップ時に、ゴールデンシティゲートフィルムアワードに参加していることをお知らせください。」

が主催 ゴールデンシティゲート Wolfgang Huschertのリーダーシップの下、この世界的なイベントは20年以上にわたってすべてのITBベルリン見本市で人気がありました。

世界 トラベルフェアに戻る は、ドイツのビンゲン市で開催される、ドイツの旅行者に焦点を当てた新しい国際的な旅行と観光の貿易イベントです。

ビンゲン(ライン)、ドイツ

ユネスコの世界遺産である「アッパーミドルラインバレー」への玄関口であるロマンティックラインに位置し、XNUMXつのワイン生産地域の真ん中にあるビンゲンには、たくさんの魅力があります。

川沿いの町は、2000年の歴史の遺産を鮮やかに体験できる魅力的なインフラを備えています。 雰囲気やさまざまなフェスティバルを楽しんだり、彼女が住んで働いていた場所で聖ヒルデガルトのメッセージを発見したり、魔法のような環境で余暇を過ごしたりしてください。

さらに、この町はラインマイン地方の端にある重要な中心点です。 バランスの取れた交通インフラと独特の景観にあるため、ビンゲンはビジネスやコンベンションに最適な場所です。

ゴールデンシティゲートの創設者、ヴォルフガング・フシェルト

ゴールデンシティゲート映画コンペティション

  • コンペティションでは、さまざまなカテゴリの映画が上映されます。 提出物は、さまざまな州、国、都市、ホテル、国内および国際的な観光協会、および観光に関心のある見本市の訪問者からの国際的な専門家に届きます。
  • 審査は、コンセプトと創造性、情報価値、ビジュアルパフォーマンス、カット、音楽、言語、デザイン、感情、調和の分野で審査員の国際的なパネルによって追求されます。 ウェブサイトの双方向性も考慮されます。
  • 各カテゴリーで最高の提出物は、金、銀、銅の城門を授与されます。 メディアコンペティションの世界的に切望されているダイヤモンド賞ゴールデンシティゲートは、毎年すべてのカテゴリーの最高の貢献に対して授与されます。
  • 審査員は、観光、都市、ホテルマーケティング、映画、IT、広報、音楽、広告、デザイン、大臣、大使、公的機関などの分野の45人の専門家で構成されています。 審査員を正確に選択することで、専門的かつ客観的な評価を得るために、専門的で多様な専門知識を保証します。
  • 2022年に行われる授賞式は、19年2022月XNUMX日にドイツのビンゲンで開催される新しいBack to a Travelフェアで、多くの国からの国際的なゲストとともに開催されます。

参加する World Tourism Network こちらをクリック.

関連ニュース

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。

コメント

共有する...