このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

Culture 開催場所 ファッション イタリア 贅沢 観光 トラベルワイヤーニュース トレンド

イタリアは高級ジュエリーを定義します

E.Garelyの画像提供

ジュエリーの誕生

調査によると、最初のネックレスの25,000つがモナコの洞窟で発見され、XNUMX、XNUMX年前にさかのぼります。 それは魚の骨から作られた単純な作品でしたが、最初の装飾品は狩りから派生したものであったため、驚くことではありませんでした(つまり、歯、爪、角、骨)。 ハンターは彼らの殺害を身に着けることは彼らに幸運をもたらすと信じていました。 良いハンターは村人を尊敬し、宝石は皆に勝利を告げました。

時が経つにつれ、宝石は不運や病気から身を守り、出生力、富、愛をコントロールし、魔法の特性を提供するとさえ信じられているお守りとして身につけられてきました。 世紀が進むにつれ、ジュエリーは、ブレスレットを身に着けている奴隷との人間関係を示し、誰がブレスレットを所有しているかを示し、結婚指輪はXNUMX人のお互いのコミットメントを象徴しています。 所有する金持ちのローマ人女性 高価な宝石 (すなわち、イヤリング、ブレスレット、リング、ブローチ、ネックレス、ディアデム)宝石(すなわち、オパール、エメラルド、ダイヤモンド、トパーズ、ピール)が飾られています。 かつてヨーロッパでは、富と権力のしるしである宝石を身につけることを許可されたのは、裕福で高位の教会の役人だけでした。

イタリアがジュエリーシーンに参入

エジプト人はイタリア人に宝石の概念を紹介しました(紀元前700年)。 当時、イタリアのデザインはギリシャのコンセプトほど美しいとは見なされておらず、エトルリア/イタリアの作品を野蛮と呼ばれるものもありました。 何世紀も経つにつれて、ギリシャの影響はイタリアのジュエリーのアイデアに統合され、今ではその作品は繊細な芸術作品と見なされています。

貴族の贅沢な生活

ローマ人はマーケティングに非常に熟練しており、金の宝石の人気を奨励しました。 金を身につけるほど、個人は裕福になります。 彼らの行動は非常に「上を超えて」いたので、人口の選ばれたメンバーによる特定のアイテムの消費または使用を制限する法律を書かなければなりませんでした。 奢侈法として知られ、誇示的消費を制限しました。 法律の考え方は、金持ちの中で最も金持ちの支出を管理することでしたが、特定の衣服、布地、色を違法にすることによって達成された社会的区別の線を下層階級が曖昧にしないようにも設計されました身につける貴族ではありません。

 西暦前213年、ファビウス皇帝は女性が一度にXNUMXオンスの金しか身に着けないように制限しました。 上院議員、大使、貴族は、奢侈法が私的な指輪の着用を禁止しているため、政府における彼らの立場を特定するために公の場で金の指輪を着用しました。 ブローチは衣服を固定するために着用され、金または鉄の指輪はすべての指のすべての関節を飾りました。

ジュエリーの人気が高まるにつれ、デザイナーは最初に実験の自由を手に入れ、現在のジュエリー作りの基盤を築きました。 ギリシャや現代のトルコなどの東部地域の金細工職人は、ローマ帝国(特にトスカーナのエトルリア地方)に行きました。そこで宝石商は、金属の合金化、彫刻、石のセッティングなどの慣行の始まりを目撃し、細かいための「造粒」技術を完成させました。ゴールドジュエリーの製作。

消費者消費が減少します。 宗教的使用の増加

ローマの崩壊とともに、ジュエリーの伝統は人気を失いました。 他の文明は、希少で発掘された鉱床が金の全体的な供給を増加させ、ローマカトリック教会の目的に役立つ西ヨーロッパでの宝飾品取引を維持していることを発見しました。 宝石や手作りの金製品は、主に大聖堂の宝庫や皇室に置かれていました。 宗教的および社会的規範や信念を反映した署名作品を除けば、一般の人々はほとんど宝石を身に着けていませんでした。

ロイヤリティリフレッシュ

11世紀になると、修道院を拠点とする工房は衰退し始め、世俗的な工芸品の家に取って代わられました。 自由は金細工師に再び王族と貴族の気まぐれに仕えるように導き、1100年代に最初の公式の金細工師のギルドを作りました。 イタリアのゴールドジュエリーは、ヴィチェンツァとフィレンツェがジュエリーのデザイン/インスピレーションの中心であり、業界で最も人気があり続けています。

最も人気があったのは、良い前兆とお守りを表す指輪でした。 それらはまた、印章としての役割を果たすために使用され、統治官庁のしるしであり続けました。 宝石が付いたメダリオンスタイルのブローチの背面には、着用者に宗教的な意味を思い出させるための碑文がありました。 いくつかのリングスタイルのブローチは、モチーフを説明する碑文が付いた多数の小さな石のリングで囲まれた金の形をした小さな置物でシーンを描いています。

14世紀とルネッサンスでは、イタリアのジュエリーはイタリアの対外貿易の延長として世界の他の地域に広がり、教会の影響を残し、古典的なスタイル、神話、エキゾチックな象徴への回帰を示しました。 次の200年間で、ローマの古典的なスタイルに戻り、金の宝飾品に対する新たな需要がありました。 トスカーナの宝石商の芸術は、イタリアの中産階級に流れ落ちた富のおかげで、パフォーマンスと表現が急上昇しました。

ジュエリーのデザインは、尊敬されているイタリアのルネサンスの画家、彫刻家、建築家の作品と同じ芸術的レベルにありました。

ドナテッロ、ブルネレスキ、ボッティチェッリは金細工の見習いを受け、絵画や彫刻を施した被写体が身に着けているジュエリーに臨場感と複雑さを感じさせました。

ルネッサンスのジュエリー着用が拡大するにつれ、ヨーロッパのさまざまな国の貴族が、着用したジュエリーに基づいた賞で誰がよりエレガントであるかを決定するコンテストを開催し、これにより美しいジュエリーの需要が高まりました。 宝石はルネッサンスの間に利用可能になり、裕福な常連客はそれらを求めていました。 真珠や半貴石のような宝石がすべての作品に鮮やかな色と独自性をもたらしたため、純金の装飾の時代は終わりました。

早送り:ジュエリーはイタリアの大企業です

2020年、世界の宝飾品市場は約228億ドルと評価され、307年までに2026億ドルに達すると予測されています。宝飾品はイタリア市場にとって非常に重要であり、輸出額は1.54億2019万ドル(1.7年)、2020億ドル(22,000年)に増加し、 8.9人以上。 米国はイタリアで1000番目に大きな宝飾品市場であり、輸出の合計XNUMX%を占めています。 現在、米国市場にはXNUMXを超えるイタリアのジュエリー会社があります。 カンパニア、ロンバルディア、ピエモンテ、トスカーナ、ヴェネトは、イタリアでジュエリーデザインにとって最も重要な地域です。 職人がコレクションを発表するのはこれらのロケールです。

イタリアのジュエリーマニフェスト。 行事

イタリアのジュエリーは、未来主義者、イタリア貿易庁(ITA)、フェデロラフィ、イタリア外務省が主催するイベントに50日間展示されました。 このプログラムは、教育とネットワーキングの経験として設計され、豪華で高級なものから基本的なチェーンやイヤリングまで、イタリアのジュエリー貿易の複数のセクターをカバーするXNUMXを超えるイタリアのジュエリーブランドを特集しました。

サロット形式(イタリアの産業を支配してきた産業、金融、政治の権力ブローカーのエリートグループ)を使用して、ニーマンマーカス、バーグドルフグッドマン、メイフェアの代表者を含む300人以上のバイヤー、ロンドンを拠点とする主要小売業者(Zalesシグネット)。

ICE-ヒューストンエージェンシーのディレクターであるFabrizioGiustariniは、このイベントに感銘を受け、米国市場がXNUMXつのイベントでジュエリーセクターに最適な製品を見つける必要があると判断しました。 フェデロラフィの社長であるクラウディオ・ピアセリコも、このイベントがイタリアの宝石商が世界市場で競争する能力を明らかにしたので、このイベントは良い考えだと感じました。

イベントプロデューサー:

デニス・ウルリッヒ、イタリア広場の共同創設者。 未来主義者の創設者、パオラ・デ・ルーカス。 フェデオラフィ社長、クローディア・ピアセリコ。

私のいくつか お気に入りの作品 ショーから:

ジュエリーデザイナーAnnaPorcu
アンナ・ポルクによるユニークなネックレス
アンナ・ポルクによるユニークなカメオブレスレット。 www。 annaporcu.it
DivaGioielliのブレスレット
ヴィットリオの怒りの指輪
記者会見の参加者

©Dr。ElinorGarely。 写真を含むこの著作権記事は、作者の書面による許可なしに複製することはできません。

著者について

Dr. Elinor Garely-eTNに特別で、編集長、wines.travel

コメント

共有する...