このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

Breaking Travel News 出張旅行 Culture 教育 エンターテインメント 政府ニュース 人権 日本 ニュース のワークプ 責任 安全性 採用されている最新技術 観光 トラベルワイヤーニュース

「オンライン侮辱」の刑務所の時間:日本はネットいじめを犯罪としています

「オンライン侮辱」の刑務所の時間:日本はネットいじめを犯罪としています
「オンライン侮辱」の刑務所の時間:日本はネットいじめを犯罪としています

日本の立法者は、国の刑法の新しい改正案を可決し、「オンライン侮辱」で有罪となった人々に対する刑罰を強化しました。 

今年夏後半に施行される新法では、「オンライン侮辱」により、有罪判決を受けた者に対して300,000万円(2,245ドル)の罰金または最高XNUMX年の懲役が科せられる可能性があります。 新しい改正はまた、時効をXNUMX年からXNUMX年に延長します。

新しい法律が可決される前は、ネットいじめの罪で有罪判決を受けた人々は、わずか10,000円(75ドル)の罰金、つまり30日未満の懲役に直面していました。

国の刑法の下では、侮辱は非常に漠然と定義されており、具体的な事実を提示することなく自分の社会的地位を侮辱する公的な方法として理解されています。 犯罪は名誉毀損とは異なります。名誉毀損は事実上同じですが、そのように分類されるためには特定の事実が含まれている必要があります。

「オンライン侮辱」に対する厳しい罰は、22歳のリアリティTVスターでプロレスラーである木村花が自殺してから2020年後のことです。 木村は、Netflixの「テラスハウス」ショーでの彼女のパフォーマンスについてオンラインでいじめられた後、XNUMX年XNUMX月に自殺した。

木村さんの自殺は日本のネットいじめ問題に国際的な注目を集めましたが、オンラインで木村さんに嫌がらせをしたとして有罪判決を受けたXNUMX人の男性はわずかな罰金で逃げました。

刑法の新しい改正は、それが言論の自由に実際に悪影響を及ぼしたかどうかを判断し、必要に応じて調整するために、施行からXNUMX年後に立法府によって評価される予定です。

ネットいじめの意識を高めるために「RememberHana」という組織を設立した木村さんの母親は、刑法の改正を称賛し、最終的にはこの問題に取り組むためのより詳細な法律につながることを期待している。

この記事に対するタグ。

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント

共有する...