ジャマイカ、今年初の美食アカデミーを開校すると発表

ジャマイカ - 画像提供:Pixabay からのゴードン・ジョンソン
画像提供:Gordon Johnson from Pixabay

ジャマイカ 観光大臣のエドマンド・バートレット氏は、ジャマイカ初の美食アカデミーが2024年末までにモンテゴベイ・コンベンションセンターで開校することを明らかにした。

バートレット大臣は昨日(7月XNUMX日)の発表で、アカデミーは「今年の冬の観光シーズンに向けて」開校される予定だと述べた。

同氏は、コンベンションセンターがすでに「カリブ海でおそらく最大かつ最高のキッチン」を誇っており、アカデミーの学生たちのトレーニングの場としてコンベンションセンター内にグルメレストランも開設される予定だと語った。

この発表は、バートレット大臣が起業家ゼレシア・スミス氏に、ピア1でのパリ・ルビー・グルメ・ペストリー事業のXNUMX周年を祝った際に行われた。

「ゼレシアのような若者もこのプロジェクトに参加してもらうつもりです。なぜなら、私たちは料理開発や素晴らしいレストラン事業のために、エグゼクティブシェフやスーシェフを養成し、ミシュラン基準のパフォーマーを育成しようとしているだけではないからです」と彼は語った。

バートレット氏はコンベンションセンターの業績について簡単にコメントし、エグゼクティブディレクターのミュリーン・ジェームズ氏とそのチームを祝福しました。「彼らは私たちにとっては不利なコンベンションセンターを引き受け、今年6か月ですでに年間予測を10パーセント増加させました。」

バートレット大臣は、このことがこの施設の大きな可能性の証拠であると指摘し、次のように強調した。

先月、コンベンションセンターの新しい取締役会が任命され、バートラム・ライト会長は「議題の中で、これは我々が追求する予定の優先項目の一つだ」と語った。

バートレット大臣はスミス氏に目を向け、彼女の起業家精神を称賛し、「あなたの粘り強さ、目的への熱意、そして才能、技術、決意、そして献身とビジョンを持った若者が長期にわたって活躍できることを私たちに示してくれたこと」を称賛した。

元銀行員のスミスさんは、金融業界でのキャリアを捨てて、フルーツケーキ、チーズケーキ、ブレッドプディング、バナナブレッドを専門とするパン作りへの情熱を追い求めています。

スミスさんは感動的なプレゼンテーションで、母親の特製パンケーキにインスピレーションを得てパリ・ルビー製品を生み出した経緯を語り、その製品を世界中で販売することが目標だと語った。「パリ・ルビーには多くの犠牲が払われました。諦めるわけにはいきません」と彼女は涙ながらに語った。

この点に関して、バートレット大臣は彼女に、観光省の中小企業向け観光強化基金(TEF)/EXIM銀行プログラムに参加するよう勧め、事業拡大のために25年間でXNUMX%の利子でXNUMX万ドルの融資を受けるチャンスを与えた。「私たちは、観光業の中小企業がやがて大企業になれるよう、スキルアップと事業拡大に取り組んでいます」と大臣は述べた。

スミス氏は、ツーリズム・リンケージ・ネットワークの「7月のクリスマス」トレードショーやTEFが主催するその他のプロモーションイベントの熱心な支持者として、他の起業家がビジネスを成長させるのを支援したいという希望についても語り、祝賀イベント中にスペースを共有して認知度を高めるよう、多くの小規模製造業者を招待しました。

著者,

リンダ・ホーンホルツ

の編集長 eTurboNews eTN本社に拠点を置いています。

登録する
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x
共有する...