ニュース

スリランカとパキスタンは亜大陸の観光ブームから除外されました

00_1207691120
00_1207691120
著者 エディタ

コロンボ–パキスタンとスリランカを除いて、南アジアの観光産業は一般的に2007年に成長を示しました。 これら7か国の政情不安と治安の欠如により、海外からの到着が減少しました。パキスタンで-12%、スリランカで-XNUMX%です。

コロンボ–パキスタンとスリランカを除いて、南アジアの観光産業は一般的に2007年に成長を示しました。 これら7か国の政情不安と治安の欠如により、海外からの到着が減少しました。パキスタンで-12%、スリランカで-XNUMX%です。 シンハラの新聞TheIslandが本日発表したデータは、地域全体の観光地の中で、かつてのセイロンを最後の場所に置いています。

一般的に、亜大陸の観光産業は12%の成長を示しました。 2006年、2004年560,000月の津波による打撃の後、スリランカは494,000万人の訪問者にほとんど到達しませんでした。 昨年はさらに減少し、40人になりました。 最も急降下したのはXNUMX月で、バンダラナイケ国際空港へのタミルの虎の攻撃とその後の夜間外出禁止令が夜間外出禁止令を課した後のことでした。

ネパールはこの地域でトップの座を占めており、このセクターは27%の成長を遂げています。 国の観光客のこの増加は、数十年前の毛沢東主義の蜂起に終止符を打つ平和協定の署名に関連しています。 この現象はまた、国の雇用の成長につながっています。 ネパールがインドに来た後、+ 13%。 これに関連して、スリランカに加えて他の傷はパキスタンに代表され、7年に観光需要は2007%減少しました。専門家は、これは国の深刻な政情不安と頻繁なテロ攻撃に関連していると言います。

Asianews.it

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

共有する...