開催場所 ホスピタリティ産業 ホテル&リゾート ニュース 再建 タイ 観光 旅行の秘密 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

タイのホテル産業:出血から死へ

オートドラフト
今週バンコクのほとんど人けのないスワンナプーム空港

タイはわずか3,880を報告しました COVID-19ケース パンデミックが始まってから60人が死亡し、世界で最もリスクの低い国のXNUMXつと見なされています。 だが 旅行と観光は苦しんでいます。 政府が課した厳しい旅行制限に終わりが見えない中で、大小の企業は出血し、生き残るのに苦労しています。 国家によると、タイのホテル運営者は、政府に国を再開し、死に至っている彼らの事業を助けるための措置をすぐに開始するように懇願していると彼らは主張している。 

デュシタニのグループ最高経営責任者であるSuphajeeSuthumpun氏は、国がすぐに再開されなければ、ホテル運営者は大きな損失を被るだろうと語った。 また、銀行や金融機関はリスクのために観光事業に簡単に融資を与えることができないと彼女は言った。

「したがって、私たちは政府に観光事業を支援するための財政措置を発行し、タイ信用保証公社に中小企業への融資を保証するように指示するよう要請したい」と彼女は述べた。

「また、多くの大企業の社債が満期に近づいているため、中央銀行に社債に関連する規則を緩和するよう要請したいと思います。」

Suphajeeはまた、観光スポーツ省に、ホテル運営者がホテルを担保として借りることができる観光回復基金を設立するよう奨励した。

WTMロンドン2022 7 年 9 月 2022 ~ XNUMX 日に開催されます。 今すぐ登録!

「Covid-19ワクチンは来年準備が整うと予想されているので、政府は観光客が国に戻るのを助けるためにeビザシステムを考え出すべきです」と彼女は付け加えました。

MinorInternationalの最高戦略責任者であるChaiyapatPaitoonは、同社が今年の最初の14か月で2億バーツ以上を失い、タイでの事業がXNUMX億バーツの損失を占めたと述べた。

彼は、政府がすぐに国を再開しない場合、新しい資本を見つけるか、社債を立ち上げることによって、会社が流動性を高める必要があるかもしれないと言いました。

「政府は、旅行バブル計画を検討し、自己隔離規則を緩和し、起業家を支援するための措置を開始する必要があります」と彼は言いました。

SukosolHotelsのエグゼクティブバイスプレジデントでThaiHotelsAssociationの会長であるMarisaSukosolNunbhakdi氏は、政府は新卒者に対して行っているようにホテルスタッフの給与の50%を支払うなど、ホテルを支援する措置を開始すべきだと述べた。

「政府はまた、社会保障基金への2%の拠出を拡大し、土地と建物の税金を10%に設定し、自己隔離規則を緩和する必要があります」と彼女は言いました。

旅行制限の緩和があれば、訪問者が来るという強力な証拠があります。 タイの尊敬されている元英国名誉領事であるバリー・ケニオン氏によると、今週のパタヤメールでは、タイが先月末に60日間(シングルエントリー)ビザを刷新して以来、世界中の大使館が外国人の大きな関心を報告していると述べています。厳しい冬から逃れるため、またはコロナウイルスに感染した故郷から逃れるために必死です。

エラワングループのホテル資産管理部門のバイスプレジデントであるParkpoomPrapasawudiも、旅行制限のためにホテルの稼働率が20か月以上XNUMX%になっていると述べました。

「タイの状況は、稼働率がそれぞれ50〜60%と30〜40%である中国やヨーロッパとは異なります」と彼は言い、稼働率が非常に低いままではホテルが生き残れないため、国を再開しなければならないと付け加えた。

「政府が国の再開を望まないのなら、ホテル事業を支援するための措置を講じるべきだ」と彼は述べ、政府が明確な指示を与えていないため、ホテル運営者は事業計画を立てることができなかったと付け加えた。 タイがCovid-19から永久に解放されることは不可能であるため、政府は国の再開に関する国民の意識を高めるキャンペーンを開始する必要があります。

「タイと感染のリスクが低い国は、シンガポールや香港のような旅行バブル計画に取り組むべきです。ホテルの運営者は高額の費用を負担したり、事業により多くの現金を投入したりできないからです」と彼は言いました。

一方、観光スポーツ大臣のPipat Ratchakitprakarnは、Prayut Chan-o-cha首相が経済状況管理センター(CESA)に、旅行部門を支援するための観光回復基金の設立に取り組むよう指示したと述べた。 この基金は50億バーツから100億バーツの間になると予想されています。

「他の提案、特にeビザオプションについてもプレミアおよびCESAと話し合い、Covid-19ワクチンの準備ができたら観光客がタイに戻ることができるようにします」とPipat氏は述べています。

政府からのすべてのアイデアが機能しているわけではありません。 元領事のバリー・ケニオン氏は、先月の特別観光ビザ(STV)の発表をめぐって多くのファンファーレがあったと書いています。リスクCovid-他の地域の中でも特に英国、米国、ヨーロッパ本土を除外した270カ国。

ただし、以前に報告されたように、旅行を許可するが、複雑な数のフープが飛び越える他のビザオプションが利用可能です。 ケニオン氏はこう書いています、

「60日間の観光ビザが利用可能ですが、官僚機構はまだかなりの規模ですが、重要な入国証明書とCovid-19健康診断を大使館に申請する場合、バンコクに上陸する際の14日間の強制ホテル検疫の前払い、Covid固有100,000万米ドルの保険(0〜99歳の人なら誰でも簡単にオンラインで利用できるようになりました)と検疫期間を超えたタイでの宿泊の証明」と彼は言いました。

#再構築旅行

関連ニュース

著者について

アンドリューJ.ウッド-eTNタイ

共有する...