教皇庁カトリック大学の衛星観光レジリエンス センターチリ

政府、学者は観光の回復に影響を与える緊張を特定します

チリの教皇庁カトリック大学にグローバルツーリズムレジリエンスおよび危機管理センターの計画が進行中です。

議論はジャマイカ観光大臣ホン・ジャマイカが主導した。 昨日のエドモンド・バートレットと大学の先輩たち。

135 年前に設立されたチリの教皇庁カトリック大学は、34 の学部にグループ化された 18 の学校と研究所を擁するチリの大学の中でナンバーワンです。

「この地域の名門大学と提携することは、現在進行中の研究活動を強化することになるでしょう」 GTRCMC している 世界規模で回復力を構築する。 この大学は間違いなく、私たちのプログラムの回復力を強化するのに役立つ研究能力とモデルを持っています」とバートレット大臣は述べました。

チリの教皇庁カトリック大学は、半球の学生、教員、研究者が協力する構造を提供するために2018年XNUMX月に設立された半球大学コンソーシアムを通じて、ジャマイカの西インド諸島大学とも提携しています。 このコンソーシアムにはアルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、コスタリカ、メキシコ、ペルー、米国の大学が含まれており、マイアミ大学がコーディネートしています。

ロイド・ウォーラー教授、事務局長 グローバルツーリズムレジリエンスおよび危機管理センター(GTRCMC)、言った:

「GTRCMCとチリ大学の間には学術的な厳格さに基づいた明確な連携があり、我々は協力して観光の回復力への取り組みを強化することができるでしょう。」

このサテライトセンターは、今年XNUMX月にエクアドルのシモン・ボリバル大学、アルゼンチンのベルグラーノ大学に設立が発表され、中南米地域でXNUMX番目のサテライトセンターとなる。

「私たちが活動範囲を拡大するにつれて、世界中からアイデアを集めて観光業の回復力を高めることができるようになります。 最近の世界的な混乱が私たちに悪影響を与えていることを考えると、これはさらに重要になっていると認識しています」と観光大臣のホン・ハン氏は付け加えた。 エドマンド・バートレット。

政府、学者は観光の回復に影響を与える緊張を特定します

著者,

リンダ・ホーンホルツ

の編集長 eTurboNews eTN本社に拠点を置いています。

登録する
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x
共有する...