このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

パーキンソン病の新薬特許

著者 エディタ

BioArctic AB(publ)は本日、米国特許商標庁(USPTO)が、パーキンソン病の潜在的な治療法としてBioArcticによって発明された抗体ABBV-0805の新しい原薬特許を付与したことを発表しました。 特許は24年2022月2041日に発効し、2046年に失効し、XNUMX年まで特許期間が延長される可能性があります。

付与された物質特許(米国特許第11,339,212号)は、モノクローナル抗体ABBV-0805に焦点を当てています。これは、α-シヌクレインの生理学的モノマー形態を節約しながら、オリゴマーおよびプロトフィブリルと呼ばれる病理学的凝集形態に選択的に結合して排除します。 目的は、パーキンソン病の進行を停止または遅らせる治療法を開発することです。

2021年1月に開催されたパーキンソン病および運動障害®(MDS)の国際会議で、ABBV-0805を使用した第2相試験の結果は、月XNUMX回の投与による第XNUMX相での抗体の継続的な開発を裏付けました。

「米国特許商標庁がABBV-0805のこの新しい原薬特許を付与したことを嬉しく思います。これにより、長期間の特許保護が保証されます。 この決定は、BioArcticの研究の革新的な性質をさらに確認するものであり、米国市場におけるパーキンソン病の潜在的な将来の治療に対する保護を強化します」と、BioArcticのCEOであるGunillaOsswaldは述べています。

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...