このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

航空会社 空港 航空 Breaking Travel News 出張旅行 開催場所 投資 ニュース のワークプ 再建 責任 安全性 ショッピング 持続可能な未来に向けて 採用されている最新技術 観光 交通 トラベルワイヤーニュース イギリス

ヒースロー:成長は2022年にキックスタートしましたが、ボラティリティは残っています

ヒースロー:成長は2022年にキックスタートしましたが、ボラティリティは残っています
ヒースロー:成長は2022年にキックスタートしましたが、ボラティリティは残っています

ヒースロー空港は、9.7年第1四半期に、当社の予測に沿って2022万人の乗客を迎えました。 18月とXNUMX月は、オミクロン関連の渡航禁止令により予想よりもはるかに弱かったが、XNUMX月XNUMX日に英国のすべての渡航禁止令が予想外に迅速に撤廃された後、XNUMX月の需要は増加した。

COVIDの損失が2022億ポンドを超えるため、ヒースロー空港は4年も引き続き赤字になります –アウトバウンド需要の増加にもかかわらず、ヒースローは2022年の利益と配当の回復を予測していません。1年第2022四半期の収益は516億273万ポンドに上昇し、調整後EBITDAは4.0億XNUMX万ポンドに達しましたが、パンデミックによる損失の合計はXNUMX億ポンドを超えました。 ヒースロー 流動性は依然として強く、ギアリングはパンデミック前のレベルまで低下しています。

安全でスムーズな夏休みを計画しているため、イースターは土壇場での予約に支えられています –英国の旅行制限が完全に解除されることが明らかになると、私たちの同僚はイースター休暇の直前予約の急増を歓迎する計画を立てるために非常に懸命に働きました–乗客の95%以上が5分以内にセキュリティを通過しました。 忙しい夏でも良いサービスを提供し続け、4月までに第1,000ターミナルを開設し、12,000人以上の新しい警備員を採用する予定です。 また、航空会社、グランドハンドラー、小売業者が空港全体でXNUMXを超える空席を埋めるのを支援しています。 多くの人々が初めて旅行を再開するため、スムーズな到着の旅はこれまで以上に重要です。私たちは、夏のピークに向けて適切な計画とリソースを備えたボーダーフォースに依存しています。

夏のトラベルバブル、しかし冬は地平線上で凍結 –英国の旅行制限の撤廃を利用し、パンデミック時に発生した旅行バウチャーを利用する英国のアウトバウンドレジャー乗客によって、一時的に需要が増加しています。 その結果、2022年の乗客予測を45.5万人から52.8万人に更新します。これは、今年のパンデミック前のトラフィックの65%に戻ることを意味します。 ただし、需要は依然として非常に不安定であり、これらの乗客数は夏以降大幅に減少すると予想されます。 航空会社が秋にサービスをキャンセルするのをすでに見ています、そして、より高い燃料コスト、より低いGDP成長、ウクライナでの戦争と進行中のパンデミックの現実は需要を引きずります。 私たちはまだ多くの市場が閉鎖されており、80%近くが検査と予防接種の要件であり、別の懸念事項として英国の旅行制限が復活する可能性があります。

乗客は良い経験を望んでいます、CAAの提案はそれを悪化させます – 7月に英国の航空業界で見られた運用上の課題は、乗客が旅行するたびに、簡単、迅速、かつ信頼性の高い旅行を望んでいることを示しています。 私たちのH2プランは、乗客の旅を安全に、スムーズに、そしてチケット価格のXNUMX%未満の上昇で維持するための投資を優先します。これは、回復の最初の数週間に航空会社が実施した余分な数百ポンドよりはるかに少ない金額です。 私たちは、乗客がより長い列とより頻繁な遅延に直面し、ヒースローの資金調達能力を手頃な価格で脅かすというCAAの現在の提案を受け入れません。 この見解は、規制当局の計画が空港の財政可能性を圧迫し、その信用格付けが再び格下げされるリスクがあるという懸念を提起した格付け機関によって反映されています。

持続可能な航空燃料インセンティブがヒースロー空港から低炭素便の提供を開始 –ヒースロー空港は2022年にSAFインセンティブを導入し、航空会社が低炭素燃料に移行することを奨励しました。 すでに今年、空港の燃料の0.5%をSAFに移行し、ヒースローを世界の主要空港の中でSAFの最大のユーザーにしました。 これはほんの始まりに過ぎず、まだまだ先があることを認識しています。そのため、今後数年間でインセンティブプログラムを拡大し、10年までに2030%のSAF使用を求める英国の義務を引き続き追求していきます。

ヒースローCEO ジョン・ホランド=ケイ 言った:

「2022年の始まりが計画通りに進んだことを確認するために一生懸命働いた同僚に感謝したいと思います。そしてこの夏の旅が安全かつスムーズに進むように努力を倍加していることを乗客に安心させたいと思います。 この数週間は、乗客が旅行するたびに簡単、迅速、信頼性の高い旅行を望んでいるという私たちの見方を強化しただけであり、チケット価格の2%未満の上昇でそれを提供し続けることができます。 CAAは、サービスへの投資を削減し、キューを増やし、COVID後の永続的な機能を遅らせる計画を推進するのではなく、乗客のためにこの勝利を確保することを目指すべきです。 ヒースローの王冠をヨーロッパ最大の空港として取り戻すためにやるべきことはたくさんあります。これにより、乗客の競争と選択肢が増え、英国の成長が促進されます。そのためには規制当局が必要です。」

3月31日までのXNUMXか月間20212022変化する (%)
(特に明記しない限り£m)
収入165516212.7
事業から生み出された現金132278110.6
税引前損失(307)(191)(37.8)
調整済みEBITDA(20)2731,465.0
税引前調整後損失(329)(223)(32.2)
ヒースロー(SP)限定連結名目純負債13,33213,5231.4
Heathrow Financeplcの連結純負債15,44015,5760.9
規制資産ベース17,47417,6751.1
乗客(百万)1.79.7474.9

関連ニュース

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント

共有する...