アフリカ観光局 開催場所 政府ニュース 投資 モーリシャス ニュース のワークプ 観光 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

モーリシャスに長く滞在する観光客は大歓迎です

モーリシャスに長く滞在する観光客は大歓迎です
ニュース07xavier coiffic byahlritqjo unsplash

現在、モーリシャス観光振興局が島の自然の美しさを宣伝するためにできることは、ターコイズブルーのラグーンの画像を表示することだけです。 訪問者は忍耐力が必要です。

ITBベルリンNOWで、MTPAのディレクターであるArvind Bundhunは、今年の夏に再び多くの訪問者を迎えることができるだろうという希望を表明しました。 モーリシャスは徐々に旅行制限を緩和し、1年2020月14日以降、モーリシャスに長く滞在することを目指すモーリシャス国民、居住者、観光客に国境を開放しました。 全員が旅行の7日前にPCR検査を受け、到着後14日間は承認された宿泊施設で検疫する必要があります。 これは、事前に承認された宿泊施設、ホテルへの移動、および検疫期間のXNUMX日目とXNUMX日目にPCRテストが実行されるフルボードを含む検疫パッケージを事前に予約することを意味します。

Arvind Bundhun氏は、夏には海外からの観光客のために国境をさらに開放する可能性があると述べたが、これには国民の高い予防接種率が必要になるだろう。 予防接種が入国の前提条件になるかどうかはまだ決定されていません。 それまでは、ウェブサイトのライブカム www.mauritiusnow.com モーリシャスへのカラフルなリンクを提供します。

いわゆるプレミアム入国ビザは、モーリシャスへの訪問者が自宅で仕事をするなどの長期滞在を許可します。 今年の夏に旅行制限が緩和されれば、モーリシャスの観光管理者は300,000年の残りの2021か月から733,000か月の間に約2019万人の海外からの訪問者を期待していました。

長期的には、モーリシャスは持続可能な観光を最優先することを意図していたとブンドゥン氏は語った。 その点で健康の安全も不可欠でした。

関連ニュース

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。

共有する...