このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

不妊治療は、子供の喘息やアレルギーのリスクを高める可能性があります

著者 エディタ

不妊治療を受けた子供は、喘息やアレルギーのリスクが高い可能性があると、国立衛生研究所の研究者による研究が示唆しています。 この研究は、国立衛生研究所の一部であるユーニスケネディシュライバー国立小児保健人間開発研究所と国立環境衛生科学研究所の科学者によって実施されました。 それは人間の生殖に現れます。

この調査には、5,000年から6,000年の間に生まれた約2008人の母親と2010人の子供が登録されました。母親は定期的に自分の健康と子供の健康および病歴に関するアンケートに回答しました。 不妊治療には、体外受精(精子と卵子を実験室の皿に入れて子宮に挿入する)、排卵を刺激する薬、精子を子宮に挿入する手順が含まれます。

不妊治療なしで妊娠した子供と比較して、治療後に妊娠した子供は、喘息の潜在的な兆候である3歳までに持続的な喘鳴を起こす可能性が高かった。 7〜9歳のときに、治療を受けた子供は喘息になる可能性が30%高く、湿疹(発疹や皮膚のかゆみを引き起こすアレルギー状態)になる可能性が77%高く、アレルギーの処方を受ける可能性が45%高くなりました。投薬。

著者らは、不妊治療または親の出生力の低下が子供の喘息およびアレルギーの発症にどのように影響するかを決定するための追加の研究を求めました。

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...