このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

中等度から重度の活動性潰瘍性大腸炎の最初の登録

著者 エディタ

Adiso Therapeutics、Inc.は本日、好中球の輸送と活性化の経口、腸制限、小分子モジュレーターであるADS1(BT051)を潜在的な治療薬として評価する第051b相臨床試験への最初の患者コホートの登録を完了したと発表しました。中等度から重度の活動性潰瘍性大腸炎(UC)の患者向け。 盲検化されたデータは、このコホートでの投薬が安全で忍容性が高く、XNUMX番目に高用量のコホートの登録の開始を支持していることを示しました。 

このフェーズ1bは、中等度から重度の活動性UC(NCT05084261)の患者を対象とした、無作為化、二重盲検、プラセボ対照、複数回漸増用量試験です。 この研究の主な目的は、薬物動態の副次的な目的、および好中球関連バイオマーカーの減少の探索的目的を伴う安全性と忍容性です。 この第1b相試験は、健康なボランティアを対象とした第1a相単回漸増用量試験に続き、ADS051が腸に制限され、用量制限毒性や重篤な有害事象がないことを示しました。

「好中球を標的とすることは、潰瘍性大腸炎の根底にある病態生理学を治療するための新しい戦略です。 この第1b相試験は、UCの急性炎症過程が進行している結腸で好中球の移動と活性化を引き起こすことが知られている主要経路をADS051が安全かつ効果的に阻害する方法を探る次のステップです。 この研究では、中等度から重度のUC患者の結腸炎症の軽減と粘膜治癒の促進につながる可能性のある薬理活性と臨床活性の初期兆候のバイオマーカーを探します」とAdisoの最高経営責任者であるスコットメガフィンは述べています。 「好中球の人身売買に特有の利用可能な腸制限治療法がほとんどないUC患者のニーズが満たされていないことを考えると、ADS051の臨床開発を継続的に進めることが重要です。」

この記事に対するタグ。

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...