このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

中絶ピル:日本での承認のための会社のファイル

著者 エディタ

Linepharma International Ltd.は本日、子会社のLinepharma KKが、妊娠63日までの妊娠の医学的終了のための経口薬MEFEEGO™の日本での製造および販売承認を申請したことを発表しました。

この薬は、妊娠中絶の国際的なゴールドスタンダードとして認識されており、世界保健機関(WHO)の妊娠中絶に不可欠な薬のリストに含まれています。

日本での提出が成功すると、日本で最初に承認された医療中絶薬を意味し、オーストラリアとカナダ、そして最近では韓国での発売に続き、今年後半に保健当局に提出される予定です。 80か国で利用可能な中絶薬は、世界中で卓越した安全記録を維持しています。

世界初の併用パックであるミフェプリストンとミソプロストールの併用薬は、日本ではMEFEEGO™として知られるようになります。 医薬品医療機器総合機構(PMDA)への申請は、120〜18歳の女性45人を対象とした日本の第III相臨床試験の結果に基づいています。 薬が承認された場合、156,430年だけで外科的中絶手術を受けた2019人の日本人女性は、個々のニーズに基づいて別の治療オプションを利用できるようになります。 

世界中で毎年約73万件の妊娠中絶が発生しています。 世界的な推定では、誘発されたすべての中絶の45%が安全ではないことが示されています。 WHOによると、中絶は単純で安全な医療介入であり、薬物療法や外科的処置を使用する幅広い医療専門家が効果的に管理できます。

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...