ワイヤーニュース

京都国際現代美術フェア

ACKのメイン会場:国立京都国際会館(ICC京都)

「コンテンポラリーアートとコラボレーション」をテーマに新たに立ち上げた アートコラボ京都(ACK) 京都府で初めて開催される新しいタイプのアートフェアです。 現代美術を専門とする日本最大の見本市のXNUMXつであり、 国立京都国際会館 5月7日からXNUMX日まで 50以上のギャラリー 日本、アジア、ヨーロッパ、そして南北アメリカから。

ACKはXNUMX種類のコラボレーションを強調しています。 ひとつは、日本と海外のギャラリーのコラボレーションです。 日本のギャラリーは、彼らが接触している海外のギャラリーとブーススペースを共有することを申し出ることができます。 このようにして、現在の世界的なトレンドを浮き彫りにすると同時に、日本のアーティストに国際的な露出を与えることができます。 もうXNUMXつは、公的部門と民間部門の間です。 政府の関与は、アートフェアに付随する一般的に高騰する料金を削減するのに役立ちますが、民間部門の参加は、展示されたアーティストに注目と感謝をもたらす専門知識を保証します。 ACKが開発したXNUMX番目のタイプのコラボレーションは、高品質のアートフェアの実現に不可欠なACKの「共同ディレクター」システムに反映されています。 最後に、現代美術の専門家の集まりを利用して、デジタル技術や産業用アプリケーションなどの他の分野での新しいコラボレーションが期待できます。

ACKアートフェア会場は、日本を拠点とする22のホストギャラリーと23のゲスト海外を拠点とするギャラリーをフィーチャーしたギャラリーコラボレーションと、京都の関連アーティストを紹介する9つのギャラリーに焦点を当てた京都ミーティングのXNUMXつのセクションで構成されます。 また、ACKは京都国際会館メインフェア会場の空きスペースと京都ネクストオンラインで「BeyondKyoto」を開催し、京都の現代美術に関する情報を海外に発信する機会を強化します。 工芸品から現代美術まで、京都のアートは、 オルタナティブ京都2021、京都府主催のアートフェスティバルが京都府各地で開催され、京都市内各地でイベントが開催されます。 

COVID-19のパンデミックにより、ACKは延期されました。 感染を防ぐための対策を講じて開催されます。 COVID関連の制限によりゲストギャラリーが日本への旅行に支障をきたした場合、ホストギャラリーはアートワークの手配と展示を行い、ゲストギャラリーがACKに存在することを保証します。 デジタルプラットフォームにより、ACKへのオンラインアクセスも可能になります。

関連ニュース

著者について

ドミトロ・マカロフ

登録
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x
共有する...