このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

航空会社 空港 航空 Breaking Travel News 出張旅行 レンタカー ホスピタリティ産業 ホテル&リゾート ミーティング(MICE) ニュース のワークプ 再建 責任 安全性 観光 交通 トラベルワイヤーニュース

企業の旅行プログラムは、現在の出張の方法に適応する必要があります

企業の旅行プログラムは、現在の出張の方法に適応する必要があります
企業の旅行プログラムは、現在の出張の方法に適応する必要があります

企業は、旅行プログラムを現在どのように実装または再実装しているかについて、慎重に検討する必要があります。

企業の旅行や対面の会議はますます戻ってきていますが、企業の旅行プログラムやポリシーは、現在の出張のやり方に追いついていますか?

ビジネス旅行者は再び道路や空に向かっています。ビジネスは、旅行プログラムをどのように実装するか、または再実装するかについて慎重に検討する必要があります。

レポートによると、パンデミックから抜け出した旅行マネージャーは、会社でのビジネス旅行プログラムの進化に関して、旅行者の安全、ポリシーの遵守、持続可能性など、いくつかの重要な考慮事項に焦点を当てています。

75年前と比較して、雇用主の55%は旅行者の安全/福祉に重点を置いており、53%は持続可能性/社会的責任に重点を置いており、XNUMX%は旅行ポリシーのコンプライアンス/施行に重点を置いています。

「私たちがパンデミックを乗り越えたとき、出張と旅行者は変化しました。したがって、会社の旅行プログラムはそれに応じて進化しなければなりません。 GBTAのCEOであるSuzanneNeufangは、次のように述べています。

ポイントAからポイントBまで、およびその間のあらゆる場所にビジネス旅行者を連れて行く

地上輸送を管理するための自社の現在のアプローチについて考えるとき、調査回答者は、旅行プログラムの最大の強みのいくつかと、改善すべき注目すべき領域を特定しました。

  • ライドシェアとレンタカーがリストのトップ。 ほとんどの旅行マネージャーは、会社の従業員が出張でレンタカー(82%)とライドシェアアプリ(70%)を「頻繁に」使用していると述べていますが、従業員がタクシーを頻繁に使用していると答えているのは半数未満(48%)です。
     
  • プレミアムに。 ほとんどの旅行ポリシーでは、少なくとも時々、運転手付きの交通機関/ブラックカーサービス(74%)、プレミアムライドシェアリング(68%)、プレミアム/高級レンタカー(51%)が許可されています。 約36分の30は、会社の従業員が「時々」または頻繁に、相乗り通勤(XNUMX%)またはプレミアムライドシェアリング(XNUMX%)を使用していると述べています。

旅行プログラムの半分(49%)は現在、ライドシェアプラットフォームを備えたビジネスアカウントを持っており、35分の76(69%)がそれを検討します。 旅行マネージャーが引用した最も重要な機能は、レポート(62%)、経費プラットフォームとの統合(XNUMX%)、および会社のポリシーを適用する機能(XNUMX%)でした。

人と地球のための進化する出張–コストにもかかわらず

  • 持続可能性を優先する。 圧倒的多数(84%)が、会社の旅行プログラムの設計において持続可能性が少なくともある程度重要であると述べており、50%がそれが非常にまたは非常に重要であると述べています。
     
  • 調査対象の企業のうち、73%が陸上輸送の持続可能性への取り組みを追跡しているか、その設定を検討しています。
     
  • 旅行プログラムは持続可能性を優先していますが、より持続可能な成果を達成するために、すべての人がかなりの追加費用を負担することをいとわないわけではありません。 回答者のわずか6%が、自社が現在、従業員が持続可能な旅行オプションにより多くを費やすことを許可していると述べており、さらに26分のXNUMX(XNUMX%)が従業員により多くの支出を許可することを検討しています。

仕事と遊びは出会うが、旅行の方針はどのように守られているのだろうか?

  • ビジネスとレジャー、一緒により良い。 回答者の30%は、パンデミック前の時間と比較して、従業員が休暇旅行にもっと(60%)または同等に興味を持っている(36%)と答えています。 また、49%が会社の旅行ポリシーで休暇旅行を明示的に許可していると述べていますが、XNUMX%は許可していませんが、従業員は実際にこれらの旅行を許可されていることがよくあります。

ビジネス旅行者は食事をしなければなりませんが、今のルールは何ですか?

関連ニュース

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews 20年以上のmroeのために。 彼はハワイのホノルルに住んでいて、もともとはヨーロッパ出身です。 彼はニュースを書いたり報道したりするのを楽しんでいます。

コメント

共有する...