このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

免疫再プログラミングによる癌の攻撃に関する新しいデータ

著者 エディタ

Myeloid Therapeutics、Inc.は本日、8年13月2022〜XNUMX日にルイジアナ州ニューオーリンズで開催された米国癌学会(AACR)年次総会で新しい最新データを発表しました。             

AACR 2022で提示されたデータは、MyeloidがXNUMXつの新しい治療プラットフォーム、ATAK™CAR受容体とin vivo mRNAプログラミングを設計および開発し、免疫再プログラミングによって癌を攻撃する骨髄細胞の能力を標的にして活性化することを示しています。 骨髄細胞は免疫応答の主要なオーケストレーターであり、固形腫瘍内に自然に蓄積し、場合によっては腫瘍塊の最大XNUMXパーセントに相当します。 骨髄性コンパートメントに対する骨髄性のmRNAの適応は、invivo実験内でこれらの細胞の影響を拡大しています。

ATAK™受容体として知られるミエロイドの新しいクラスのCARは、腫瘍認識と複数の独自の自然免疫シグナル伝達ドメインを組み合わせています。 骨髄科学者は、自然免疫シグナルの複数の未踏の組み合わせをスクリーニングし、最適なマルチシグナル経路を明らかにしました。 癌認識バインダーとこれらの新規細胞内シグナル伝達ドメインの組み合わせにより、骨髄細胞をこれまで未踏の免疫シグナルの組み合わせで再プログラムすることが可能になり、腫瘍の死滅と広範な全身性抗腫瘍反応がもたらされます。

Myeloidの新しいinvivoエンジニアリングプラットフォームは、骨髄細胞を特異的に標的にして活性化し、より広範な抗腫瘍適応免疫を誘発します。 このアプローチを通じて、骨髄は、mRNAをカプセル化する脂質ナノ粒子(LNP)の送達が、in vivoでの骨髄細胞による選択的な取り込みと発現をもたらし、複数の低温腫瘍モデルで強力な腫瘍殺傷をもたらすことを示しています。 これらのデータは、骨髄の技術が細胞を直接生体内でプログラムする可能性を示しています。

「今年のAACR会議では、in vivo mRNAプログラミングと次世代ATAK™CARを介して、骨髄細胞が幅広い免疫応答を調整する能力を示す、プラットフォーム全体で大きな進歩を示したことを嬉しく思います」とBruceMcCreedy博士は述べています。 D.、骨髄の最高科学責任者。 「これらのデータは、来年中にいくつかの新薬候補の安全性と活性を評価するための臨床試験を開始する計画をサポートし、既存の臨床パイプラインを拡大します。」

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...