ニュース

外国人を締め出しつつ米国の観光を宣伝する

0_1204158700
0_1204158700
著者 エディタ

200週間前のワシントンDCで、議会が米国への旅行を促進するために年間20億ドルを費やす官民組織を設立する可能性について多くの話を聞きました。 さまざまな見積もりによると、米国は毎年11月XNUMX日より前に我が国を訪れていた外国人観光客のXNUMX%を失っています。

200週間前のワシントンDCで、議会が米国への旅行を促進するために年間20億ドルを費やす官民組織を設立する可能性について多くの話を聞きました。 さまざまな見積もりによると、米国は毎年11月XNUMX日より前に我が国を訪れていた外国人観光客のXNUMX%を失っています。

広告の欠如は、私たちの次の観光客の急激な減少の理由ですか? 私はむしろそれを疑っています。 全世界が私たちの国の魅力と彼らが滞在を楽しむことがどれほど安いかを知っています。 米ドル安により、私たちは驚異的な掘り出し物になりました。 彼らがここに来ない理由は、マーケティングの欠如ではなく、私たちが米国を訪問することを手続き上の悪夢にしたからです。

米国を訪問するには、ほとんどの外国人は、自国の米国領事館で直接ビザを申請し、領事館の職員による面接に提出し、時にはその領事館まで数百マイル移動する必要があります。 このような面接を申請するだけでも、ビザが発行されているかどうかに関係なく、131か月とビザあたり131ドルの支払いが必要になることがよくあります。 それが拒否された場合、あなたは$ XNUMXを出している。

インタビューを実施するにあたり、一部の領事館職員は、テロを阻止することよりも不法移民を阻止することに関心を持っています。 XNUMXか月前のパナマで、ラテンアメリカの企業で素晴らしい仕事をしている、教育を受けた英語を話す女性に会いました。 彼女は不法移民の可能性のある若くて独身のプロフィールに合っているので、カリフォルニアの彼女の妹を訪問するためのビザを取得することができませんでした。

毎月、私たちの政府のいずれかの部門は、より広い責任を持つ他の部門に相談することなく、次の観光への別の障壁を構築します。 最近のビザ料金の131ドルへの値上げは、国務省の誰かによる典型的な誤った決定でした。 以前の31ドルの料金に追加された100ドルによって、テロリストがXNUMX人も抑止されることはありません。

WTMロンドン2022 7 年 9 月 2022 ~ XNUMX 日に開催されます。 今すぐ登録!

今月、国土安全保障省は、買い物に行くために米国とカナダの国境を越えて運転するために出生証明書を提示する必要がある何百万人ものカナダの運転手に直面しました。 簡単に偽造された文書を入手するこの必要性によって、テロリストがXNUMX人も立ち入るのを妨げられることはありませんが、何百万人ものカナダ人がその買い物旅行を延期できると判断します。

つい最近、国土安全保障省は、ビザを取得する必要のない外国人(「ビザ免除」国にいるため)でさえ、到着の72時間前にそのための旅程案を国土安全保障省に提供しなければならないことを要求しました。旅行。 その旅程で何が行われるのかは説明されておらず、外国人が旅程を順守しているかどうかを確認するための人的資源があることを誰も示唆していません。 外国人がこのまったくばかげた紙片を提供した後、到着空港で米国の移民を通過する際に、指紋をとる必要があります(10桁すべて)。 ロンドンやローマへの旅行でそのような憤慨に直面した場合、あなたがどのように感じるか想像してみてください。

そして、私は何度も続けることができました。 必要なのは追加のマーケティング費用ではなく、国務省と国土安全保障省に関して私たちの観光の利益を代表する責任を与えられ、著名な地位に任命された私たちの政府のダイナミックな役人です。 国務省と国土安全保障省の官僚によるこれらのランダムな妨害行為が、テロと戦うためのツールをまったく作成せずに、私たちの経済的利益を不必要に害しているかどうかを常に疑問視する人が必要です。

最近の外国人観光客の減少は、私たちの経済に数百億ドル、数十万の仕事、そして莫大な税金の収入をもたらしました。

現在、私たちの政府の誰も観光業の擁護者として行動しておらず、政府の他の部門に難しい質問を投げかけ、次の観光業に対する彼らの障壁を批判的に分析しています。 代わりに、私たちは外国人が彼らを締め出すために一生懸命働いている国を訪問することを奨励するためにお金を充当しようとしています。

chron.com

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

共有する...