このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

国| 領域 ホテル&リゾート インドネシア クイックニュース

新しいバタムマリオットホテルハーバーベイについての真実

 マリオットホテル、マリオットボンボイポートフォリオホテルの1つがXNUMX月XNUMX日にオープンしましたst 2020年にバタム島で バタムマリオットホテルハーバーベイ.

インドネシア最大の島、リアウ諸島にデビューし、近くのシンガポールからの訪問者に人気の休暇先であるこのホテルは、バタム島で最も人気のあるエンターテインメント&ビジネスセンターであるハーバーベイ地区に位置しています。  

ホライゾンフェリーでの快適な45分のフェリーの旅は、シンガポール海峡を越えて10 km離れたシンガポールとの間で、レジャーとビジネスの両方の旅行者を連れて行きます。旅行者は、ハーバーベイ国際フェリーターミナルに到着します。距離あなたはバタムマリオットホテルハーバーベイのドアで歓迎されます。

バタムマリオットホテルのゼネラルマネージャーであるクリスティグナデサは、次のように述べています。ハーバーベイ、「これは島にオープンした最初のXNUMXつ星ホテルであり、インドネシアでXNUMX番目のマリオットホテルブランドのホテルです。 すべてのマリオットホテルは、ゲストが仕事をしたり、リラックスしたり、刺激を受けたりできるように考え抜かれた設計になっています。これこそが、バタムマリオットホテルハーバーベイに滞在する際にゲストが見つけるものです。」

バタム島は、国際的なゴルフコース、爽快なウォータースポーツの冒険、ウェルネススパ、おいしい新鮮なシーフード、免税ショッピング、インドネシアの文化と歴史を紹介するアトラクションで訪問者に人気があります。 ホテルは名古屋ショッピングセンターから7分、ハーバーベイシーフードレストランから徒歩ですぐの場所にあります。

ホテルには、豪華な寝具、広々としたワークデスク、216インチのLEDテレビ、高速インターネット、レインフォールシャワー付きのバスルーム、快適で生産的な滞在を保証するカスタマイズされたアメニティを備えた、合計55室の客室とスイートがあります。 Mクラブレベルの客室を体験して、専用ラウンジへのアクセスなどの追加特典をお楽しみいただけます。

ホテルの飲食店では、最高のインドネシア料理と各国料理を紹介しています。 ゴジキッチン&バー は、ビュッフェまたはアラカルトダイニングを提供するオープンプランのキッチンを備えた終日営業のレストランです。 Mill&Co 焼きたてのケーキやペストリー、グルメティーやコーヒーを提供するブティックデリです。 ラウンジ ホテルのロビーには、マリオットホテルグレートルームのスタイルと多機能性が表現されています。このスペースでは、軽食、ソフトドリンク、ビール、カクテルを飲みながら、仕事をしたり、社交を楽しんだり、リラックスしたりできます。 屋上で、 標高 ニューヨークのアパートメントテラスに着想を得たオープンエアのライフスタイルラウンジです。アジアのタパスと特製カクテルをお楽しみいただけます。マレーの田舎の集落を見下ろす壮大な景色と、シンガポールの都会の光のスカイラインを捉えた海のパノラマの夕日をお楽しみいただけます。

休暇を満喫するための楽しさとリラクゼーションの瞬間をゲストに提供するホテルは、ワンストップのウェルネスと贅沢なフロアを提供します。 テクノジムの設備を備えたフィットネス愛好家のための24時間年中無休のフィットネスセンター、屋外インフィニティプール、キッズプール、アルコール飲料とノンアルコール飲料を提供するプールバー、究極の体験を提供するQuanSpaの豊富なスパトリートメントメニューが用意されています。 7でth ホテルのフロア。

1,300平方メートルのバタム島で人気のMICEと結婚式の目的地になるにあたり、ホテルはVVIPルームとプレファンクションホールを備えたマリオットグランドボールルームを紹介します。 55〜500平方メートルの広さで、高速Wi-Fiを備えた、XNUMXつの多機能でカスタマイズ可能な、技術を進歩させた会議室は、イベントを主催するのに理想的な場所です。

隣接するシンガポールとマレーシアからフェリーですぐの場所にある国際的なビジネスと休暇の目的地として、バタムは長い間その目的地への訪問者を歓迎してきました。 

関連ニュース

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。

コメント

共有する...