このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

植物ベースの食品はいたるところにあります:ビーガン寿司はどうですか?

著者 エディタ

30月XNUMX日にニューヨーク市のNoMad地区でオープンする予定の植物ベースのおまかせダイニング体験であるPlantBarでのおまかせは、ニューヨーカーと世界中からの訪問者に世界的な味と新鮮な植物ベースの食材をもたらします。 ユニークなダイニング体験は、飲食物のコンセプトを世界クラスの会場と結び付ける体験型エージェンシーであるSimpleVenueと、レストランが植物ベースのデリバリーコンセプトに結び付けることでレストランのキッチン容量を最大化するのを支援する組織であるVeganWarriorProjectと提携して開始されます。 日本風のサービスでは、XNUMX泊XNUMX席のXNUMX席の寿司バーと、季節の新鮮な食材に基づいてシェフが厳選したおまかせメニューを提供します。         

植物ベースの食事に対するこの新鮮な見方は、植物ベースの料理の革新に情熱を注ぐ経験豊富なミシュランのスターシェフであるエグゼクティブシェフのロベルトロメロが率いています。 オープニングでは、ビーガンニギリ、味噌汁、ポテト抹茶スープ、スノモ風プルドオイスターマッシュルームサラダ、スイカマグロの漬物ケルプ、その他の植物ベースの日本風コースなどの料理を体験できます。 カクテルメニューには、新鮮な果物や野菜を取り入れた特製カクテルが含まれます。ビートを感じる、桃を練習する、枝豆は誰ですか、グリーンゴッデス、ミントトゥビー。

SimpleVenueの社長であるErikaLondonは、次のように述べています。 「私たちの情熱は、植物ベースの料理を通じて地球が提供する素晴らしい味を披露することです。Omakaseedは、親密な雰囲気のビーガンフードシーンの先駆的なコンセプトになります。」

「各おまかせコースには、折衷的なグローバルフレーバーが組み込まれます」と、Omakaseedのシェフでビーガンウォリアープロジェクトのエグゼクティブシェフであるホルヘピネダシェフは述べています。 「私たちのメニューは、季節ごとに利用できるものとその最高の味のプロファイルに基づいて毎週慎重にキュレーションされ、各ビーガン寿司コースの複雑さを明らかにし、ビーガン寿司の概念を完全に変えるダイニング体験をゲストに提供します。」

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...