このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

協会 Breaking Travel News 出張旅行 開催場所 政府ニュース ホスピタリティ産業 インド ニュース 観光 トラベルワイヤーニュース

税の撤回に関するインドのツアーオペレーターのための大きな救済

画像提供:PixabayのMurtaza Ali

世界 インドツアーオペレーター協会(IATO) インドに所在するツアーオペレーターを通じてツアーを予約する外国人観光客向けの海外ツアーパッケージの販売に関する源泉徴収税(TCS)を撤回してくれたインド政府に心からの感謝を表明した。

インドツアーオペレーター協会の会長であるラジブメーラ氏は次のように述べています。 旅行と観光の友愛 彼らはインドの居住者ではないので、外国のツアーオペレーター/外国人観光客から源泉徴収することは論理的ではなかったので。 彼らはインドのPANカードを持っておらず、所得税も支払っていないため、インドの所得税法に責任を負いません。 したがって、TCSの徴収金からの払い戻しを利用する余地はありません。 これらの人は、母国で課税の対象となります。 したがって、TCSの規定は、インド居住者/インド国外に所在する個人/企業に適用されるべきではないことが必要でした。

ソースの税金徴収は、売り手が支払うが、買い手から徴収される税金です。

「協会は、TCSがFTO、個々の外国人市民/観光客などの非居住者のバイヤーから収集された場合、非居住者のバイヤーがブータンのネパールに拠点を置くツアーオペレーターに直接アプローチするため、インドのツアーオペレーターはビジネスを失うことを懸念しました、スリランカ、モルディブなど、インドのツアーオペレーターを直接スキップしてこれらのツアーオペレーターから海外ツアーパッケージを購入すると、インドのツアーオペレーターのビジネスと外国為替の一部が失われます。 協会は、TCSの規定を修正して、インディアン準州外のパッケージの非居住者クラスのバイヤー/FTOへの海外ツアーパッケージの販売に適用されないようにすることを強く推奨しました。

「この問題は、16年2021月XNUMX日に彼女の事務所で会ったときに、他の問題とともに、Hon'ble財務大臣のNirmala Sitharaman夫人にも個人的に取り上げられ、Hon'ble財務大臣は私たち​​の見解を理解し、調査することを約束しました。これは前向きに問題です。 観光省も私たちをサポートし、財務省を強く支持しました。

「私たちの見解を理解し、インドに所在するツアーオペレーターを通じて予約した外国人観光客向けの海外ツアーパッケージの販売に関する源泉徴収税(TCS)を撤回してくれたHon'ble財務大臣、財務省、観光省に感謝します。」

関連ニュース

著者について

AnilMathur-eTNインド

コメント

共有する...