このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

肝硬変の新しい治療法

著者 エディタ

Sirnaomics Ltd.は本日、静脈内(IV)投与による原発性硬化性胆管炎の肝線維症の治療のための当社の全身性siRNA(低分子干渉RNA)治療薬STP707の米国第I相臨床試験の最初の被験者に対する用量投与を発表しました。

単一施設、ランダム化、用量漸増、連続コホート研究は、健康なボランティアに単回漸増用量として静脈内投与されたSTP707の安全性、忍容性、および薬物動態を評価しています。 被験者は3つのコホートに分けられ、そのうちコホートAはIV注入により6mgを投与され、コホートBは12mgを投与され、コホートCは24mgを投与され、コホートDは50mgを投与されます。 この研究では、18歳から55歳までの最大XNUMX人の健康な被験者を登録しています。

「この第I相試験は、肝硬変治療薬開発プログラムの重要な前進であり、原発性硬化性胆管炎による肝硬変の治療にSTP707を利用する将来の研究をサポートする、安全性と投薬に関する非常に重要なデータを収集することができます。 この研究により、この治療薬候補が、効果的な治療を必要とする希少疾患の患者にどのように影響を与えるかについての理解を深めることができます」と、Sirnaomicsの常務取締役兼最高医療責任者であるMichaelMolyneauxMDは述べています。

「最も重篤なタイプの肝硬変として、原発性硬化性胆管炎の治療のためにSTP707を評価することは、さまざまなタイプの肝硬変に苦しみ、途方もない満たされていない医療ニーズを持つ大規模な患者集団に希望をもたらします。 これは、慢性疾患治療用のこのsiRNA治療薬のIV製剤の開発におけるSirnaomicsの重要なマイルストーンです」とSirnaomicsの創設者、取締役会会長、常務取締役、社長兼CEOのDr.PatrickLuはコメントしています。

この記事に対するタグ。

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...