このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

シンジケーション

蛍光顔料市場の見通し2017年の価格戦略、業界の最新ニュース、トップ企業の分析、調査レポートの分析、および予測によるシェア2027

蛍光顔料 一般に、可視および非可視の電磁波と放射線の両方のタイプを吸収し、さらにそれらを予想または望ましい波長のエネルギーとして急速に放出することができる顔料と呼ばれます。 これらの顔料は、予想される波長の光が放出されると、非常に特殊な色で輝きます。 商業規模では、蛍光顔料の消費は、いくつか例を挙げると、塗料やコーティング液の配合、インク、テキスタイルなど、多くの用途で目撃されています。 商業的には、市場で使用されている蛍光顔料には、有機と無機のXNUMX種類があり、これらはさまざまなソースから合成されます。 有機蛍光顔料タイプは天然および合成原料から合成されますが、無機蛍光顔料は異なる金属酸化物の混合により合成されます。 どちらのタイプも、エンドユーザー業界のニーズに合わせてカスタマイズされた粉末および分散液の形で市販されています。 ほとんどの蛍光顔料は、悪天候、高温、耐熱性、さまざまな化学物質に耐えることができるなど、その注目すべき属性を通じて、要求の厳しいアプリケーションに耐えることができます。 これらの属性は、さまざまなアプリケーションでこれらの蛍光顔料を採用するのに役立ちます。 同様に、これらの蛍光顔料は、自動車業界でもエンジニアリングプラスチックの着色剤として採用されています。

サンプルをリクエストして、本物の分析と包括的な市場洞察を入手してください。 https://www.futuremarketinsights.com/reports/sample/rep-gb-5953

蛍光顔料市場:ダイナミクス

蛍光顔料業界の世界市場は過去に目覚ましい成長を遂げており、今後8〜10年で同じロードマップが続くと予想されます。 蛍光顔料市場の主な推進力は、増加する塗料およびコーティング市場とさまざまな最終用途産業でのその応用、都市化、建設産業、繊維産業、プラスチックおよび建築材料産業での急速な成長です。 さらに、世界の蛍光顔料メーカーは、幅広い業界で採用できる顔料を配合するために、大量の着色剤、機能性顔料、増量剤の使用に注力しています。 インドや中国などの新興国では、蛍光顔料の需要が高いと予想されます。 これらの蛍光顔料は、その耐久性から自動車分野でも使用されています。 発展途上国の自動車産業は、コーティングやプラスチック産業と並んで、特にインドや中国などの新興経済国で大きなペースで繁栄しており、これらの国々では蛍光顔料の消費が増加すると予想されています。 ただし、蛍光顔料の環境への悪影響と悪影響は、世界的な市場の採用障壁になる可能性があります。

蛍光顔料市場:地域の見通し

世界の蛍光顔料市場は、北米、ラテンアメリカ、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、日本を除くアジア太平洋(APEJ)、日本、中東およびアフリカ(MEA)の2016つの主要地域に分割されています。 XNUMX年現在、蛍光顔料の消費と販売は、アジア太平洋地域、特に中国とインドで高くなっています。これは、塗料やコーティング、インク、繊維、パルプ、紙などの用途の拡大によるものです。 これらXNUMXか国は、最終用途産業の需要に応え、サプライチェーンを維持するために、蛍光顔料の生産拠点を拡大しています。 蛍光顔料の需要は、厳しい環境基準により、日本、NA、欧州諸国などの発展途上国で減少傾向を示しています。 さらに、MEAおよびLAの国々も、近い将来、蛍光顔料の顕著な消費率を示すと予想されます。

目次と一緒に、図とデータテーブルを使用したレポート分析の詳細をご覧ください。 TOCのリクエスト- https://www.futuremarketinsights.com/toc/rep-gb-5953

蛍光顔料市場:主要な参加者

バリューチェーン全体で特定された世界の蛍光顔料市場の市場参加者の例は次のとおりです。

  • 有機染料と顔料
  • ミッドスター
  • Xcolor
  • ワンロンケミカル
  • DayGlo Color Corp
  • 有機染料および顔料
  • 放射色
  • DANEカラーグループ
  • ブリリアント蛍光
  • ルミノケム
  • ソーラーカラーダスト
  • Kolorjet Chem

調査レポートは、市場の包括的な評価を提示し、思慮深い洞察、事実、履歴データ、および統計的にサポートされ、業界で検証された市場データを含んでいます。 また、適切な一連の仮定と方法論を使用した予測も含まれています。 この調査レポートは、地域、アプリケーション、業界などの市場セグメントに応じた分析と情報を提供します。

このレポートは、以下に関する排気分析をカバーしています。

  • マーケット・セグメント
  • 市場のダイナミクス
  • 市場規模
  • 需要と供給
  • 現在の動向/問題/課題
  • 関係する競争と企業
  • 採用されている最新技術
  • バリューチェーン

地域分析には以下が含まれます。

  • 北米(米国、カナダ)
  • ラテンアメリカ(メキシコ、ブラジル)
  • 西ヨーロッパ(ドイツ、イタリア、フランス、イギリス、スペイン)
  • 東ヨーロッパ(ポーランド、ロシア)
  • アジア太平洋(中国、インド、ASEAN、オーストラリア、ニュージーランド)
  • 日本
  • 中東およびアフリカ(GCC諸国、南アフリカ、北アフリカ)

このレポートは、業界アナリストによる直接的な情報、定性的および定量的評価、バリューチェーン全体の業界専門家および業界参加者からの情報をまとめたものです。 このレポートは、親市場の動向、マクロ経済指標、支配要因、およびセグメントごとの市場の魅力の詳細な分析を提供します。 また、このレポートは、さまざまな市場要因が市場セグメントと地域に及ぼす定性的な影響も示しています。

レポートの事前予約のリクエスト: https://www.futuremarketinsights.com/checkout/5953

蛍光顔料市場:セグメンテーション

状態に基づいて、蛍光顔料市場は次のように分割できます。

製品の種類に基づいて、蛍光顔料市場は次のように分割できます。

アプリケーションに基づいて、蛍光顔料市場は次のように分割できます。

  • ペイントとコーティング
  • インキ
  • プラスチック
  • テキスタイル
  • 建設、建築産業
  • その他

レポートのハイライト:

  • 親市場の詳細な概要
  • 業界の市場力学の変化
  • 詳細な市場セグメンテーション
  • 量と価値の面での歴史的、現在、および予測される市場規模
  • 最近の業界動向と開発
  • 競争的な風景
  • 主要プレーヤーと提供される製品の戦略
  • 潜在的でニッチなセグメント、有望な成長を示す地理的地域
  • 市場パフォーマンスに関する中立的な視点

ソースリンク

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...