このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

認知症予防のために脳卒中後およびTIA患者の健康を監視するための新しいテスト

著者 エディタ

Cambridge Nutranostics Ltd、CNLは、毛細血管壁を通過して組織細胞呼吸にこの必須ガスを供給することができる全血中O2の一部である血漿酸素を評価および監視するための、最初のテストプロトタイプのクリニックでの検証を開始しました。

ケンブリッジ大学パプワース病院の医学研究者は、Ivan Petyaev博士が率い、細胞外脂質であるリポタンパク質が血漿中の主要な酸素運搬体になり得るという発見を発表しました。 組織への酸素供給の減少であるOCCLの低下は、それらの機能の低下および組織低酸素症の発症に寄与する可能性があることが見出された。

CNLは現在、確立されたラボ形式のOCCLテストから、エクスプレスドライケミストリーベースのポイントオブケア診断への変換を正常に完了しました。これは、医療従事者だけでなく、訓練を受けていない人でも使用できる、この種の最初の手頃なテストです。自宅で。 この検査では、毛細血管の血液をXNUMX滴だけ必要とし、数分以内に結果が得られます。

同社の最初のマーケティングターゲットの78つは、認知症を発症するリスクのある人々、特に脳卒中や一過性脳虚血発作、TIAなどの低酸素または虚血性の臨床イベントをすでに経験している人々です。 世界で約1万人、日本の5歳以上の65人に2030人がXNUMX年に認知症になります。

脳への急性酸素欠乏ショックとしての脳卒中またはTIAは、認知症の発症に伴う将来の脳低酸素症に対してより脆弱で感受性を高めます。 脳卒中患者の約30%は、3年以内に認知機能障害を発症し続けます。

OCCLポイントオブケア検査により、医療従事者または本人自身が血漿酸素のレベルを評価し、他の臨床症状がない可能性のあるその潜在的な変化を検出することができます。 これらの変化の早期診断は、追加の健康診断を引き起こし、組織の酸素化を改善するための措置を講じることを可能にする可能性があります。

同社はこのテストを2023年前半に開始する予定です。CNLのCEOであるAlexeyShulepovは、次のように述べています。 」。

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...