ワイヤーニュース

鎌状赤血球症の原因を標的とするためにEUで承認された最初の治療

著者 エディタ

Brand Instituteは、12歳以上の成人および小児患者の鎌状赤血球症(SCD)による溶血性貧血の治療に適応するEMA承認治療薬OXBRYTAの命名において、Global Blood Therapeutics(GBT)とのパートナーシップの成功を発表しました。単剤療法またはヒドロキシカルバミド(ヒドロキシ尿素)との併用。 これは、2019年にFDAとカナダ保健省が治療を承認した後のことです。              

ブランドインスティテュートの会長兼最高経営責任者であるジェームズL.デットーレは、次のように述べています。 「この革新的な治療法は、この衰弱性疾患を抱えるヨーロッパの人々に大きな違いをもたらす可能性があります。」

OXBRYTAは、SCDの赤血球の鎌状赤血球症と破壊の分子基盤である鎌状赤血球ヘモグロビン(HbS)の重合を直接阻害する、ヨーロッパで承認された最初の薬です。 OXBRYTAは、ヘモグロビンの酸素に対する親和性を高めることによって機能します。 酸素化された鎌状赤血球ヘモグロビンは重合しないため、OXBRYTAは鎌状赤血球ヘモグロビンの重合とその結果としての赤血球の鎌状赤血球の破壊を抑制します。

「OXBRYTAのブランド名はこの製品にぴったりだと信じています」とDettore氏は続けます。 「「酸素」に関連する接尾辞に加えて、製品の作用メカニズムをほのめかして、この名前には、新しい医薬品ブランド名を開発するときに私たちが追求する多くの特徴と属性があります。」

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

登録
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x
共有する...