ワイヤーニュース

非嚢胞性線維症気管支拡張症新臨床薬試験

著者 エディタ

Armata Pharmaceuticals、Inc。は、抗生物質耐性で治療が困難な細菌感染症の病原体特異的バクテリオファージ治療に焦点を当てたバイオテクノロジー企業であり、本日、米国食品医薬品局(FDA)がArmataの治験薬(IND)を承認したと発表しました。最適化された主要治療薬候補であるAP-PA02の臨床試験を開始するためのアプリケーションで、2番目の適応症である非嚢胞性線維症気管支拡張症(NCFB)です。 同社は2022年に第XNUMX相試験を開始する予定です。     

NCFBの患者では、緑膿菌による肺感染症は、頻繁な肺の悪化、生活の質の低下、および死亡率の増加と関連していることが多く、治療のために入院が必要になる場合があります。 頻繁な悪化を伴うNCFBの長期管理には慢性吸入抗生物質が推奨されますが、現在承認されている治療法はありません。

Armataの最高経営責任者であるBrianVarnumは、次のように述べています。 「この規制当局の承認と最近の資金提供により、AP-PA02の臨床的利点を探求し、人工関節感染症にはAP-SA02を、肺炎にはAP-PA02を進歩させることができます。」      

NCFBでのAP-PA02の今後の試験に加えて、アルマタは嚢胞性線維症患者の緑膿菌感染症を対象としたAP-PA1の第2b / 02a相試験(「SWARM-Pa」)と第1b / 2a相試験も実施しています。 (「diSArm」)黄色ブドウ球菌菌血症を標的とするAP-SA02。 

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

登録
通知する
ゲスト
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る
0
ご意見をお聞かせください、コメントしてください。x
共有する...