このページにあなたのバナーを表示し、成功のためにのみ支払うには、ここをクリックしてください

ワイヤーニュース

黄斑変性症の治療のためのメトホルミン点眼薬

著者 エディタ

Curative Biotechnology、Inc.は本日、同社がGood Laboratory Practice(GLP)毒物学研究に進んだことを発表しました。

現在の研究は、局所的な眼への送達によって投与された場合の、再処方されたメトホルミンの忍容性、薬物動態、および局所的または全身的毒性を測定するように設計されています。 この研究では、眼組織の分布も評価します。

Good Laboratory Practice(GLP)毒物学研究は、FDA治験薬(IND)申請の要件です。

眼の耐性には、投薬時の観察、XNUMX日XNUMX回の一般的な臨床観察(特に眼に注意を払った行動/臨床徴候の評価)、修正されたHackett-McDonaldスコアリングスケールに従った理事会認定の獣医眼科医による眼科検査、および眼の組織病理学が含まれます。

共同研究開発契約(CRADA)に基づき、国立眼病研究所(NEI)とCurative Biotechnology、Inc.は協力して、中期および後期の加齢性黄斑変性症の治療のための臨床研究において、Curative独自の眼球メトホルミン製剤を評価します。 (AMD)病気。

関連ニュース

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。

コメント

共有する...