ニュース

ほとんどの乗客は個人的な快適さよりも礼儀を大切にします

言語を選択してください
0a11_3430
0a11_3430
著者 エディタ

イリノイ州シカゴ–最近の調査によると、飛行機での行動が悪い人は見出しになりますが、実際には、ほとんどの乗客は仲間の旅行者に配慮しています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

イリノイ州シカゴ–最近の調査によると、飛行機での行動が悪い人は見出しになりますが、実際には、ほとんどの乗客は仲間の旅行者に配慮しています。

GO Airport Expressは、最近の旅行者に座席のリクライニングの習慣について調査しました。 結果は以下のとおりです。

807 人の回答者のうち、「常にリクライニングする」と答えたのは 18% だけでしたが、15% は頻繁にリクライニングすると答えました。 14% が、リクライニングするときとリクライニングしないときがあると答えました。多くの場合、それは、誰かが後ろに座っているかどうか、および/またはその人が大きくて不快に感じるかどうかに依存することに注意してください。 XNUMX% と XNUMX% が座席をリクライニングすることはめったにないか、まったくリクライニングしないと答えており、それは「失礼」であると述べています。

彼らはどのくらいリクライニングしていますか? 42% は、常に完全に横になると答えました。 15% が途中までリクライニングし、XNUMX% が完全にリクライニングするときもあれば、部分的にリクライニングするときもあると答えました。

回答者のほぼ半数は、リクライニングする前に誰かが後ろに座っているかどうかを常に確認すると言い、29% は後ろの人に許可を求めると答えました。 XNUMX% は、確認と質問の両方を行っていると述べています。 一方、XNUMX% はどちらもしていないと答えました。

「飛行機の旅行者を失礼だと描写するニュース記事とは対照的に、私たちの調査によると、ほとんどの場合、乗客は自分と同じかそれ以上に他人の快適さのレベルを心配しています」とGO AirportExpressの社長であるジョンマッカーシーは言います。 。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。