ニュース

日本航空がAndroidWear向けのJALカウントダウンアプリを発表

言語を選択してください
0a1_1829
0a1_1829
著者 エディタ

東京、日本–日本航空(JAL)は本日、AndroidWearTM用の「JALカウントダウン」アプリのリリースを発表しました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

東京、日本–日本航空(JAL)は本日、AndroidWearTM向けの「JALカウントダウン」アプリのリリースを発表しました。 JALカウントダウンアプリを使用すると、ユーザーは国内線のステータスをリアルタイムで追跡し、搭乗ゲートをより便利かつスムーズに通過できます。 このアプリは、1年2015月XNUMX日からGoogle PlayTMから入手可能になり、さまざまな情報をタイムリーにデバイスに配信します。

お客様は、リアルタイムのフライトステータスを追跡し、搭乗ゲートや搭乗時刻の詳細を確認し、フライトの出発までのXNUMX日から数時間、数分、それ以降までカウントダウンするアラートを受け取ることができます。

このアプリは、2次元バーコードの「タッチアンドゴー」システムもサポートしているため、顧客はAndroid Wearを使用してセキュリティチェックポイントを通過したり、搭乗ゲートやラウンジに入ることができます。

また、航空機をモチーフにしたオリジナルのウォッチフェイスをJALから発売します。 時計の秒針は飛行機で設計されており、フライトまでカウントダウンするため、お客様は搭乗前に安心して買い物や食事を楽しめます。

JALは、お客様の搭乗をより速く、よりスムーズに、より便利にするためのサービスを強化するという新たな課題を引き続き受け入れていきます。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。