オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

エミレーツのCEOは、グローバル航空を予測しています。あなたはその一部です。

エミレーツのCEO、ティム・クラーク卿は2025年の航空の予測ですか?
クラーク

ティム・クラーク卿はビジョンを共有する準備ができていますが、航空業界は2025年にどのように形作られ、どのように見えるでしょうか?

「パンデミックはグリッチです」と、世界で最も異なる航空会社のCEOであるティムクラーク卿は述べています。 ティムクラーク卿は エミレーツ航空。 彼はどの航空会社のチーフよりも箱から出して仕事をする人です。

クラーク氏と一人で交流することは、航空業界、旅行業界、観光業界の誰にとってもおもてなしになります。 12月XNUMX日に 世界観光ネットワーク 、の読者 eTurboNews、および他の ICTICパートナー クラーク氏が11月13〜XNUMX日に開催される仮想国際観光投資会議で参加者にビジョンを提示するときに、仮想氏に会うことができます。

ティム・クラークは、需要主導の回復は遅かれ早かれあり、ネットワーク航空会社は以前よりも強く戻ってくる可能性があると主張しました。 需要が回復するため、航空会社は物理的な製品を維持し、マーケティングツールを使用してブランドを顧客の心に留めておく必要があります。

政府のまとまりのある対応の欠如は役に立たない。 ほぼ達成不可能な指標を持つということは、政府が独自のことを続けていることを意味します。

貨物需要は非常に大きく、70〜80路線の開通は貨物スペースの必要性に牽引されており、現金の枯渇を大幅に削減するのに役立っています。

クラーク氏は彼のサクセスストーリー、彼の計画、そして航空業界が2025年の間にどのように形作られそしてどのように見えるかを説明します 今後のITIC観光投資サミット 9月11-XNUMX日にWTM、ワールドトラベルマーケットと一緒に。

エミレーツ航空の背後にいるのは、エミレーツ航空のおかげでドバイがオープンしているCEOです。 エミレーツ航空は世界で最初の航空会社であり、乗客はCOVID-19検査を受ける必要があり、この航空会社ではすべてが少し異なります。

56年から2019年までの2020万人の乗客、270機のワイドボディ機、世界中の157の目的地は、エミレーツがドバイのグローバルハブと世界をつなぐ方法です。

エミレーツのスタッフは172か国から来ており、31月59,519日の時点で、航空会社の給与はXNUMX人でした。

1984年、当時UAE国防相でドバイの進歩的な王室の一員であったシェイクモハメッドビンラシッドアルマクトゥームは、当時dnataのマネージングディレクターであったモーリスフラナガン卿に航空会社の設立を検討するよう依頼しました。 その年のXNUMX月までに、包括的な事業計画が準備され、「エミレーツ」という名前が新しい航空会社に選ばれました。

クラーク氏は、 国際観光投資会議 .

詳細および無料登録へのリンクについては こちらをクリック

9月11日からXNUMX日までのWTM期間中のITIC仮想サミットに並んだ講演者は準備ができています ヘルプと再構築 旅行および観光産業。

2025年までに航空の未来とその予測を形作る
2020 11 02でのスクリーンショット