アソシエーションニュース 速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 ホスピタリティ産業 ニュース のワークプ 安全性 観光 交通 旅行先の更新

マルティニーク観光局長がハリケーンイルマに関する声明を発表

0a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1ab
0a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1ab

ハリケーンイルマ、カリーヌムソーによってもたらされた荒廃に続いて、マルティニーク観光局長は、影響を受けたすべてのカリブ海諸島の人々に彼女の考えと同情を表明しました。

「マルティニーク観光局とマルティニークの人々を代表して、私たちの考えと連帯を表明したいと思います。 私たちの心は、この前例のない嵐に襲われた島々の兄弟姉妹に向けられています。」

全体的な救援活動に加えて、マルティニークは後方支援と人道支援も提供しています。 11月39日、マルティニーク税関からのXNUMX隻の船が、必要な食料と水をサンマルタン島に運びました。 今週水曜日にXNUMX人のマルティニーク消防士のユニットが派遣され、地元の取り組み(進行中の捜索救助、家の安全性の評価、道路の開通)を支援しました。 島の住民はまた、マルティニーク県によって設立された連帯イニシアチブに参加しており、部屋や食事から家を失った人々、経済的支援まで、すべての個別の支援の申し出を集めています。

ムソー氏はさらに次のように述べています。「私たちの考えは、ハリケーンイルマの影響を受けた観光業界のすべての同僚にも当てはまります。 マルティニーク島の私たちは、私たちが完全に免れたことがどれほど幸運であったかを理解しています。」

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

チーフアサインメントエディター

チーフアサインメントエディターはOlegSziakovです