Breaking Travel News ドミニカの最新ニュース ニュース 安全性 観光 トラベルワイヤーニュース

ドミニカ国:ハリケーンマリアの公式アップデート

ドミニカ1-1
ドミニカ1-1

ハリケーンマリアによるドミニカの荒廃について、より明確な状況が明らかになり始めています。 昨日の夕方(20月XNUMX日)、ルーズベルト・スカーリット首相の校長が写真を共有しました。これには、嵐以来の最初の首相も含まれます(つまり、画像は本物であり、使用できます)。 画像は経由でアクセスできます http://bit.ly/2fkfxg1.

ルーズベルト・スカーリット首相はフェイスブックのページに、ケインフィールド空港が開いており、着陸できる最大の航空機は日没後15分までツインオッターであると投稿しました。

首相はこれまでに15人の死者を確認した。

カリビアンツーリズムオーガニゼーション(CTO)は、GoFundMeを通じてCTO救済基金(501(c)3)を活性化し、ハリケーン後の家族や国の再建を支援しています。 CTOの救済基金の詳細や寄付については、次のWebサイトをご覧ください。 www.gofundme.com/hurricane-relief-fund-cto.

国立ハリケーンセンターでは、最新の場所、ハリケーンマリアの予想経路、警告/時計を見ることができます。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ドミトロ・マカロフ

Dmytro Makarovは元々ウクライナ出身で、元弁護士として米国に10年近く住んでいます。