速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 ホスピタリティ産業 ニュース 観光 旅行先の更新

Wホスピタリティグループ:アフリカ全土のホテル供給の慢性的な不足

0a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a-5
0a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a1a-5

Wホスピタリティグループが実施した調査によると、サハラ以南のアフリカ、特に西アフリカと東アフリカは、ブランドのホテルの寝室に関して慢性的に供給不足になっています。

Wホスピタリティグループによる毎年恒例のチェーンホテルパイプライン調査は、大陸全体のホテル開発市場に関する詳細な洞察を提供し、今年の新規供給の大部分はサハラ以南のアフリカにあります(開発パイプラインの部屋の59%) 。 北アフリカが最大の単一地域(41%)であり、西アフリカ(33%)と東アフリカ(11%)がそれに続きます。

研究の主なハイライトは次のとおりです。

•アフリカの9か国にはブランドホテルがまったくありません

•8つのブランドホテルはXNUMXつだけです。

•大陸のほぼ半数(25か国)にXNUMXつ以下のブランドが存在します。

•10か国だけが10以上のブランドを持っています。

•わずか28か国(53%)が首都(または主要な商業)都市の外にブランドホテルを持っています。これは、特に最近の商品価格の暴落後の経済の多様化への推進により、さらなる拡大の可能性が高いことを意味します。

「供給不足は、サハラ以南のアフリカの多くの国でホテルを開発する大きな機会がまだあることを示しています。 多くの市場で需要が高まっており、慎重な計画と適切なアドバイスがあれば、かなりの投資収益率を生み出す機会があります。」

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

チーフアサインメントエディター

チーフアサインメントエディターはOlegSziakovです