赤道ギニアの航空会社のボスが数百万人で姿を消す

0c_128
0c_128
著者 エディタ

マラボ—赤道ギニアの国営航空会社の責任者は、数百万ユーロ相当の現金で国を出国した後、姿を消した、と同社の関係者は土曜日に語った。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

マラボ—赤道ギニアの国営航空会社の責任者は、数百万ユーロ相当の現金で国を出国した後、姿を消した、と同社の関係者は土曜日に語った。

セイバインターコンチネンタルのボス、ママドゥゲイはXNUMX月下旬に国を去り、ガーナ、セネガル、コートジボワール、ガンビアの航空当局と交渉して、新興企業の西アフリカ事務所を設立したと当局者は語った。

「しかし、それ以来、彼の痕跡はありませんでした」と、会社の関係者は匿名を条件にAFPに語った。

ガンビア出身のセネガル市民であるゲイは、月給が25万CFAフラン(38,000ユーロ)だったと情報筋は語った。

「彼は3.5億CFAフラン(6.5万ユーロ/ XNUMX万ドル)以上と新しいATR(飛行機)用のスペアパーツの在庫を取りました」と彼は言いました。

ガンビアを拠点とするエアダビアの元ディレクターであるゲイは、新しく作成されたセイバインターコンチネンタルを担当するために2007年に赤道ギニアに到着しました。

この航空会社は、赤道ギニアの首都マラボとXNUMX番目の都市ビオコ間のフライトを提供しており、ガボン、カメルーン、ベニンにも就航しています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

eTurboNewの編集長はLindaHohnholzです。 彼女はハワイのホノルルにあるeTN本社を拠点としています。