オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

セントビンセントおよびグレナディーン諸島はカリブ海に21世紀の政府の実施を開始するよう呼びかけます

0a1-75
0a1-75

セントビンセントおよびグレナディーン諸島政府は、カリブ海電気通信連合と協力して、19年23月2018日から21日までセントビンセントおよびグレナディーン諸島のICTウィークをセントビンセントのビーチコーマーズホテルで開催しました。 今週のテーマはXNUMX世紀の政府でした。

カリブ海は、21世紀の政府、つまり情報通信技術(ICT)を活用した市民中心のシームレスな政府への道を歩むのにまだ苦労しています。 他の多くの国々が電子政府の導入に成功し、21世紀の夜明け前から採用されたモデルを実際に強化していますが、カリブ海諸国のほとんどは依然として電子政府サービスへの移行を検討しています。

集合体と見なすと、ほとんどの地方政府は、全国的にだけでなく、個々の省庁内のサイロで活動を続けています。 カリブ海は、世界の他の地域に追いつき、世界的に競争するために、個々の国家としてではなく、集団の前線として機能しなければなりません。 この地域の多くの国は技術進歩のさまざまな段階にありますが、私たちを悩ませている問題の解決策を見つけ、合理化された電子政府サービスの実装を推進するために互いにサポートするために、さらに多くのことができます。

第36回理事会での基調講演で、ホン。 セントビンセントおよびグレナディーン諸島の財務・経済計画・持続可能な開発・情報技術大臣のカミーロ・ゴンザルベス氏は、この会議は、21世紀の政府の地位を達成するために地域を推進する地域戦略を策定するためのプラットフォームであると強調しました。

彼は次のように述べています。「私たちのすべての努力を結びつけ、私たちを前進させることができる、実行可能で、実行可能で、効果的で現実的な政策は非常に重要です。 グレナダのキース・ミッチェル首相がICTとガバナンスの先見性のあるロードマップを提示し、単一のICTスペースに関するCARICOMの宣言のXNUMX年後に開催される、アンティグアバーブーダでの最近のサミットに続いて開催されるこの特定の会議は、すでに行われている壮大なビジョンの作業をあまり行わないが、そのビジョンの周りに何らかの構造を置き、どのように前進できるかを見てみましょう。

ベルナデット・ルイス事務総長、ナイジェル・カシミア氏に代わって開会の辞を述べます。 カリブ海電気通信連合の事務局長は、次のように述べています。「2018年、CTUの焦点は、情報通信技術(ICT)によって推進される21世紀の政府にあります。 テクノロジーは、何年にもわたって実施されてきた政府のシステムと手順のリエンジニアリングを促進します。 今日、テクノロジーによって私たちができることを考えると、私たちの政府サービスをより市民中心でシームレスにし、サイロで運用しないようにする機会を把握する時が来ました。」

21世紀の政府サービスの実施を加速するために、ICTウィーク中に行われた活動の21つであるXNUMX世紀の政府ワークショップは、ポリシーと計画のフレームワークを確認し、セントビンセントのデジタル政府の現状を評価するように設計されました。ヴィンセントとグレナディーン諸島。

CTUのICTコンサルタントであるGaryKallooと、Ernst andYoungのエグゼクティブディレクターであり、政府および公共部門のカリブ海地域のリーダーであるDevindra Ramnarineが率いるこのインタラクティブで有益で教育的なワークショップでは、実現環境の作成、インフラストラクチャの構築、デジタル化という21つの重要な側面を扱いました。景観、未来の保護、ビジョンへの資金提供。 XNUMXつのコンポーネントのステータスデータは、セントビンセントおよびグレナディーン諸島のテクノクラートおよび政府の代表者に以前に配布されたアンケートを通じて収集された情報によって取得されました。 ワークショップは、ワークショップ参加者の集合的な見解に対してこの情報を検証し、これらの領域のギャップを特定し、XNUMX世紀の政府の現状を地域で評価できるようにするのに役立ちました。