アソシエーションニュース アゼルバイジャンの最新ニュース 速報国際ニュース Breaking Travel News 政府ニュース 業界ニュースとの出会い ニュース のワークプ プレスアナウンス 観光 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース 今流行っている

UNWTO事務総長がアゼルバイジャン大統領と会談

0a1a1a1-3
0a1a1a1-3

世界観光機関(UNWTO)の事務局長であるズラブ・ポロリカシビリは、アゼルバイジャン共和国のイルハム・アリエフ大統領と会い、アゼルバイジャンの観光セクターの発展と、アゼルバイジャンとUNWTO間の協力をさらに強化する方法について話し合いました。

会議では、次の問題が取り上げられました。バクープロセスの10周年、アゼルバイジャンへの国際的な到着の目覚ましい成長は、20年に+ 2017%でピークに達しました。 投資プロジェクトの実施、ビザの円滑化、オープンスカイ政策、UNWTO執行評議会内の協力の強化、革新と教育の分野でのUNWTOの支援における、アゼルバイジャンへのUNWTOの支援。
「2017年、アゼルバイジャンでは海外旅行者の到着が20%も増加しました。 この巨大な成長は、ビザや投資、政府のコミットメント、リーダーシップなどの問題に関する支援政策の結果です。 アゼルバイジャンがこの成功を祝福します。これは、2017年の世界平均成長率である世界の7%をはるかに上回っており、すでに強固な協力関係を強化することを楽しみにしています」と事務局長は述べました。

公式訪問中、事務総長はまた、アゼルバイジャン共和国の文化観光大臣であるAbulfas Garayev氏と会い、UNWTOとの全体的な協力の機会について話し合った。

数日中に、ポロリカシビリ氏は第17回アゼルバイジャン国際旅行観光フェアを開き、アゼルバイジャン観光管理大学(ATMU)で講演します。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

チーフアサインメントエディター

チーフアサインメントエディターはOlegSziakovです