航空会社 空港 アソシエーションニュース 速報国際ニュース Breaking Travel News フランスの最新ニュース ニュースリリース のワークプ シリア速報ニュース 観光 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース 今流行っている 英国の最新ニュース アメリカの最新ニュース

シリア、ダマスカスに隣接する空域に関する米国の飛行勧告

攻撃
攻撃
著者 エディタ

米国連邦航空局(FAA)は、米国、英国、フランスがストライキを実施しているため、シリア地域のすべての航空会社に強力な警告を発しました。

米国で登録された外国の航空母艦を運航する者を除く、すべての米国の航空会社と民間事業者、およびFAAによって発行された航空会社証明書の特権を行使するすべての人、および事業者が外国人である場合を除き、米国で登録された航空機のすべての事業者航空母艦は、シリアまたはその周辺での軍事活動が活発化するため、ダマスカス飛行情報区(OSTT FIR)から200海里以内の空域で運航する場合は細心の注意を払うことをお勧めします。

これは、シリアの独裁者バシャール・アル・アサドによるシリア自身の市民への化学攻撃の疑いに応えて、シリアで現在米国、英国、フランスが武力攻撃を行っているためです。

軍事活動には、GPS干渉、通信妨害、およびシリア領土から発生し、OSTT FIR内で、隣接する空域に迷い込んだ、誤った長距離地対空ミサイルの可能性が含まれる場合があります。 これは、この地域で活動している米国民間航空に不注意なリスクをもたらす可能性があります。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。