オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

トルクメニスタン:トップアパレルブランドが強制労働の終焉を求める

復活
復活

トルクメニスタンのグルバングル・ベルディムハメドウ大統領が2015年以来初めて国連総会に出席する一方で、アパレル企業と世界の投資家は、トルクメニスタンの綿花部門で国が後援する強制労働の使用に不満を表明し、変革を求めています。

トルクメニスタンのグルバングル・ベルディムハメドウ大統領が2015年以来初めて国連総会に出席する一方で、アパレル企業と世界の投資家は、トルクメニスタンの綿花部門で国が後援する強制労働の使用に不満を表明し、変革を求めています。

XNUMXのブランドと小売業者がすでにResponsibleSourcing Network(RSN)のトルクメン綿花誓約書に署名しています。この誓約書は、綿花部門での強制労働がなくなるまで、企業がトルクメニスタンから綿花を調達しないことを約束しています。 これらの会社は次のとおりです。 コロンビアスポーツウェアカンパニー; Designworks Clothing Company; ギャップ株式会社; H&Mグループ; MS; Nike、Inc。; ローリンソンニットウェアリミテッド; ロイヤルバミューダ、LLC; シアーズホールディングス; ヴァーナーリテールAS; とVFコーポレーション。

トルクメニスタンは、世界でXNUMX番目に大きな綿花の生産国であり、XNUMX番目に大きな輸出国です。 トルクメン綿産業は政府によって完全に管理されています。 政府は農民に綿花の栽培を強制し、農民が満たさなければならない割当量を決定します。 これらの割当量を満たすために、何万人もの市民が毎年秋に綿花を収穫することを余儀なくされています。

「それはひどいシステムです。 この問題について報道しているジャーナリストは投獄されており、国が自由市場システムを推進することを妨げている」と、オルタナティブトルクメニスタンニュースの編集者兼創設者であるルスランミャティエフ氏は述べた。

トルクメニスタンは、原綿の大部分をトルコ、パキスタン、インド、中国に輸出しており、最終的には米国を含む世界中に出荷される多くのアパレル製品や家庭用品に使用されています。

2018年XNUMX月、米国税関国境警備局は、「すべてのトルクメニスタン綿またはトルクメニスタン綿で全体的または部分的に生産された製品」の米国への輸入を停止できると述べた「保留解除命令」を発行しました。

米国企業は、綿花生産システム全体が子供と大人の強制労働で汚染されているトルクメニスタンからの綿花の調達を回避するための予防措置を講じないと、保護機関が国境で製品を停止するリスクにさらされています。

現在までに、42の機関投資家が、トルクメニスタンの綿花畑での深刻な人権侵害への暴露に対処するための行動を取るよう、世界の家庭用品やアパレルのブランドや小売業者に促す声明に署名しています。

「この乱用に目をつぶって何もしないことは、企業や投資家にとって重大なリスクです」とボストンコモンアセットマネジメントのローレンコンペールは述べています。 「責任ある企業アクターとして、すべての人が現代の奴隷制に対するコミットメントを表明し、市場での国家公認の強制労働が停止するまでトルクメン綿の調達を排除するための強力なデューデリジェンスプロセスを実施する必要があります。」

誓約書に署名するアパレル企業に加えて、投資家は、RSNのイニシアチブであるYESS:Yarn Ethically&Sustainably Sourcedをサポートするよう求めています。労働。

「XNUMX年前、RSNはウズベク綿の誓約を作成しました。 奴隷労働で収穫された綿花の調達を国際社会が拒否したこともあり、ウズベキスタン政府は時代遅れで虐待的なシステムを変えるという公約を目にし始めています」とRSNの副社長兼創設者であるパトリシア・ジュレヴィッチは述べています。