航空会社 空港 Breaking Travel News ニュース 交通 トラベルワイヤーニュース

ウェットリース契約は双方にメリットがあります

ウェットリース
ウェットリース
著者 エディタ

欧州のパイロットは、昨日の夕方の「三者対話」会議でEU機関が合意した、EU航空会社と第三国の航空会社との間のウェットリース契約に関する規則の変更を歓迎します。

ウェットリースとは、ある航空会社(貸し手)が航空機、完全な乗務員、メンテナンス、保険を別の航空会社または空の旅の仲介者(借手)として機能する他の種類の事業に提供する取り決めであり、運航時間単位で支払います。

EUReg。の改訂された第13条。 1008/2008により、EUは、ウェットリース(つまり、乗務員による航空機のリース)に関する既存の時間制限を解除し、EUと米国の間の紛争を解決することができます。 同時に、この改正により、EUで増え続けるクリエイティブな航空会社のセットアップが防止されます。これには、空のシェル会社など、3機またはXNUMX機の航空機しか所有していないウェットリースが含まれ、他のすべての航空機は第XNUMX国からウェットリースされます。 この改正がなければ、EU​​の質の高い雇用と安全基準の両方への影響は壊滅的なものになる可能性がありました。

「欧州議会の運輸委員会、このファイルに関するS&Dグループの報告者であるタパルデル氏、および加盟国の当局の努力を称賛したいと思います」とECAのDirkPolloczek大統領は述べています。 「彼らの意見は、ヨーロッパの生産と高品質の航空機乗務員の仕事が第三国の航空機と乗組員に徐々にではあるが深刻に置き換わるリスクを防ぐために重要でした。 欧州委員会の当初の提案は、第三国のウェットリースをヨーロッパの航空会社のビジネスモデルの通常の、そして非常に問題のある機能に「変換」する可能性を秘めていました。 リスクは回避されました。」

改訂プロセス全体を通じて、ECAは、乱用されないという十分な保証なしに、無制限で無制限のウェットリースを導入しないように警告していました。 しかし、新しいトリローグ協定の下では、より柔軟なウェットリース条項は、EUと十分に成熟した航空関係を持っている第三国にのみ適用されます。 特に、3年以降にEUと航空協定を結んでいる米国などは、このウェットリースの機会の対象となります。

EU閣僚はこの変化を支持し、相互主義の原則を追加することによってテキストをさらに強化した。 新しいリサイタルでは、当事者、つまりEUと第三国の「相互の権利と義務」について言及しています。 この要件は特に重要です。 一部の国では、国内市場と雇用を保護する国内法が制定されており、協定で許可されている場合でも、EU航空会社がこれらの市場で無制限のウェットリースの機会から利益を得ることが不可能になる可能性があります。

「肝心なのは、EUの大臣と議会が賢明な決定を下したことです。 新しい第13条に関する三者対話協定により、EUと米国は未解決の問題を解決し、航空機を相互にウェットリースすることができます。 同時に、EU市場の成長と乗組員の雇用は海外に輸出されません。 それはお互いに有利です」とDirkPolloczekは言います。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

エディタ

編集長はLindaHohnholzです。