速報国際ニュース Breaking Travel News イスラエルの最新ニュース パレスチナの最新ニュース 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース 今流行っている

イスラエル:パレスチナ人観光客への扉を開く必要があります

講演者と参加者が旅行者をテロの惨劇から守るための戦略について話し合ったとき、世界中から何百人もの人々が最初の年次国際観光安全サミットのためにエルサレムに降り立った。

「意見やアイデアを聞いたり交換したりする好奇心があったので、今が適切な時期でした」と、エルサレム開発局の観光局長であるIlanitMelchior氏はメディアラインに関連しました。 「この会議を開催することで、私たちは(テロの)問題から身を隠すのではなく、それを地図に載せようとしています。」

イスラエルは、テロリズムのかなりの割合、おそらく最も顕著なのは、全国のバスやカフェでのパレスチナ人の自爆テロを特徴とする2000年から2003年の第2017次インティファーダに苦しんでいます。 その後の観光業の大幅な落ち込みにもかかわらず、3.6年のユダヤ人国家は、推定XNUMX万人の訪問者を抱え、来訪者の記録を樹立しました。

イスラエルとパレスチナ人との対立は続いているものの、会議の基調講演者のXNUMX人は、ヨルダン川西岸からの観光をもう少し促進することで、やや直感に反して、テロを減らすことができると示唆して出席者を驚かせました。

「私たちはパレスチナ人観光客への扉を開く必要があります」とブリッグ。 現在旅行コンサルティング会社を経営している元イスラエル軍のスポークスマンであるAviBnayahu将軍は、メディアラインと争った。 「たとえば、死海であろうとエイラートであろうと、イスラエルで新婚旅行をしたいパレスチナ人のカップルがたくさんいます。 なぜ彼らは代わりにドイツに行かなければならないのですか? 観光は、否定性を取り除き、前進するための素晴らしい方法です。」

マクロレベルでは、最近発表された国務省の報告によると、昨年、世界中で8,584件のテロ攻撃があり、約14,000人が死亡しました。

ほとんどの攻撃はイラク、シリア、アフガニスタンなどの戦争で荒廃した国で発生しましたが、フランスからトルコ、タイに至る比較的安定した国での発生は、観光客の意思決定プロセスに影響を与える危険性の認識を生み出しました。

「これは中東だけでなく存在する非常に古い画像の歪みです」と国連観光機関の持続可能な開発のディレクターであるダーク・グレーサーはメディアラインに強調しました。 「影響を受けた正確な目的地と、当然の結果として影響を受けなかった目的地を明確にするために、マーケティング手法を使用することが重要です。」

実際、サミットの中心的なテーマのXNUMXつは、特定の場所が混乱している可能性があるため、近くの他の場所も混乱している可能性があるという考えを払拭するために、攻撃が発生する場所と時期の正確な詳細を個人に提供することの重要性でした。

「中国人が世界地図を見て、自分たちの国が中東の国々と比べてどれだけ大きいかを考えると、シリアに問題があれば、何も起こらなくてもイスラエルを含む地域全体に波及すると思います」とロイ・グラフは言います。中国からの観光を促進する会社であるDragonTrail Interactiveのマネージングディレクターは、メディアラインに説明しました。

しかし、一般的に、ある場所または別の場所を訪れることの危険性に関しては、目に見える以上のものがあります。 したがって、観光客の手に正しい情報を提供することは、命を救うだけでなく、時には激動の楽園に冒険することを選択する行楽客に安心を提供するかもしれません。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

メディアライン