オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

LoroParqueFundaciónは、コロンビアのキミミインコの回復に貢献しています

0a1-16
0a1-16

カナリア諸島とコロンビアは8,000km以上離れていますが、キミミインコは群島と重要なつながりがあります。ロロ公園財団が種を保護するために実施した保護活動は、回復の成功に貢献しています。

キミミインコを救うプロジェクトへの財団の参加は、コロンビアのProAves財団とともに、今日これらの鳥の野生個体数が増加し、記録的な数に達したという成果の基本となっています。 彼らの生存を示した物語は、ロロ公園財団がエクアドルの最後の1990羽の鳥の保護を支援した20年代半ばに始まりました。 1988年に彼らは姿を消し、種が完全に絶滅するのではないかと恐れられました。 しかし、同じ年に、Ognorhynchusプロジェクトは、コロンビアのアンデスにおける種とその生息地の生存を確保することを目的として開始されました。

81年間の調査の後、ロンセスヴァレスのコミュニティのアンデス中央部で2001個体の個体群が見つかりました。一方、63年2010月には、アンデス西部のジャルディン県の丘陵地帯にXNUMX個体のXNUMX番目の個体群が出現しました。アンティオキア。 コラボレーションが始まって以来、財団は南米全体で最も成功する可能性のあるイニシアチブの主要なアーキテクトでした。 そして実際、XNUMX年に国際自然保護連合(IUCN)がキミミインコの脅威カテゴリーを「絶滅危惧種」から「絶滅危惧種」に減らしたほどの回復率でした。

この動物は、コロンビアの国の木であるワックスパームと密接な関係があり、牛の放牧や、パームサンデーのお祝いでの無差別な使用によっても脅かされています。 生息地の使用、食餌、分布、および繁殖行動に関する長年の研究は、種とワックスパームへの脅威に関する確固たる基盤を提供し、したがって、世界的な保全行動計画を可能にしました。

このプロジェクトの枠組みの中で実施されたさまざまなイニシアチブの中で、彼らはバチカンの協力を期待することもできました。 この宗教的伝統のルーツにもかかわらず、教会の緊密な協力と優れた教育プログラムにより、今日、誰もが他の選択肢を使用することが可能になりました。