Breaking Travel News ガーナ速報 政府ニュース ニュース 観光 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース

鉱業をめぐるガーナ観光? アテワ森林保護区は国立公園にすべきですか?

ガーナ1
ガーナ1

ガーナでは、非政府組織(NGO)であるRochaGhanaとConcernedCitizens of Atewa Landscape(CCLA)が、国の追加収入を生み出すために、アテワ森林保護区を国立公園として指定するよう政府に要請しました。

NGOは政府に対し、人間の生活と生物多様性にとっての重要性を考慮して、アテワの森での採掘を許可するという政府の姿勢を見直すよう要請した。

CCALの広報担当官であるOtengAdjei氏は、金曜日にアクラで行われた記者会見で電話をかけました。

アジェイ氏は、アテワの森はデンス、アイエンス、ビリムのXNUMXつの川の源であり、これらの川を危険にさらす可能性のある活動から保護区を保護する必要があると述べました。

彼は政府に、森林保護区での採掘に関して、一時的な経済状況よりも環境への影響を考慮するよう求めた。

アジェイ氏は、国の東部と西部地域の森林保護区での活動が深刻な環境問題を引き起こしていると述べた。

彼は、彼らが厚い森林保護区で活動していたので、鉱山労働者に対処するのは難しいと言いました。

アジェイ氏は、ガーナの森林被覆の枯渇の一因となったため、鉱業活動のために森林保護区を割り当てることに対して政府に警告した。

「私たちはアテワの森の支配を放棄し、ボーキサイト採掘がもたらすと政府が主張している量のお金をかき集め、持続可能なものにさらに多くをもたらすエコツーリズムの魅力に保護区を変えることを切望して待っている開発パートナーを許可する必要があります方法」と彼は言った。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。