Breaking Travel News ガーナ速報 ニュース 観光 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース 今流行っている

ガーナ観光は自分撮りでお金を稼ぐ

アドミ-バージ-1
アドミ-バージ-1

ガーナ観光は大企業であり、驚きに満ちています。 これは、ガーナのグル氏にも当てはまります。ガーナ人は、クワメ・ンクルマ橋を渡るときに写真を撮りたいと思ったときに米ドルより少し少ないGH¢4.00の支払いを求められた後にFacebookにアクセスしました。

彼のFacebookメッセージの中で、彼はガーナ大統領に次のように述べています。マハマが改装したもの。

担当者からは、社長からの注文で、自撮りしたいのに一人2ghだそうです。 あなたが本当にこの神の見捨てられた税金を承認したならば、あなたの閣下はあなたに失望します。 ガーナ人がドバイ、中国、アメリカなどに旅行するとき、いくら払うのに、それらの国は100倍発展しています。 中国で世界最長の香港への30マイルの海の橋でさえ無料ですが、何が起こっているのでしょうか。 残念だ!!!!

それは言われています。 どこにも無料のランチはありません。 今後は、優れたフロントカメラを備えた優れた電話を使用できますが、クワメエンクルマのアドメ橋で写真を撮るには、GH¢2.00からGH¢4.00の間で支払う必要があります。

数十年前に建設されたガーナのボルタ湖で最も長い橋のXNUMXつは、運転者の生命に起こりうる危険を回避するために最近改装されました。

政府は、その多数のプロジェクトを維持するためにいくらかの収入をかき集めるための手段として課税を制定し、それゆえ橋に課税しました。

観光客は、政府の動きに失望を表明する課税を叫ぶためにソーシャルメディアを利用しました。

Johannes Narteyガーナのコメディアン、Guru氏は、GH¢4.00の支払いを求められた後、Facebookに嘆きました。

 

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ユルゲンTシュタインメッツ

Juergen Thomas Steinmetz は、1977 年にドイツで XNUMX 代の頃から旅行および観光業界で働いてきました。
彼は設立しました eTurboNews 1999年に世界の旅行観光業界向けの最初のオンラインニュースレターとして。