アソシエーションニュース 速報国際ニュース Breaking Travel News 料理の Culture ホスピタリティ産業 イタリアの最新ニュース ラトビアの最新ニュース ニュース のワークプ 観光 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース

「DaysofLatvia」の第3版がイタリアでオープン

0a1-7
0a1-7

「ラトビアの日」の第3版は、バルト三国の大統領、ライモンツ・ヴェヨニスの前でローマで発売されました。 ラトビアとイタリアの間の貿易交流のためのプロモーションイベントは、イタリアのラトビア共和国大使館と協力して、ラトビア投資開発庁(LIAA)によって開催されました。

「DaysofLatvia」は、2年24月2019日までローマ、ミラノ、ヴェネツィアで開催されるイベント、BXNUMXBミーティング、文化イベントのカレンダーで構成されています。

ローマでの最初のアポイントメントである「TasteLatvia」は、ラトビアのミュージシャンLīgaLiedskalniņaによるデュオ「Ramtai」のパフォーマンスを伴う、ラトビアのシェフMarisJansonsによる典型的な製品や料理の試食と組み合わせたビジネスネットワーキングイベントでした。

その後数日以内に、シモネッリジュエリーワークショップで予定されているラトビアの金細工職人アニタサビッカとアンナファニジーナの作品の展示が続きます。

ラトビアの州大統領は、「両国は芸術的および文化的な強い結びつきによって結び付けられており、このイベントが有益な商業関係と企業間の関係を発展させる相互の機会を生み出すことを願っています」と述べた。

実際、このイベントでは、ラトビアの概要を説明します。テクノロジーや観光などの戦略的セクターの特定から、特別な税制のおかげでビジネスの開発機会、アクセラレーターやビジネスインキュベーター、ラトビアの企業によって開発されたイノベーションの開発、およびノウハウと製品の成功。

「DaysofLatvia」の期間中、多数のb2b会議が、ビジネス開発を促進するためのラトビア政府機関であるLIAAによって直接促進されます。これにより、外国投資が促進され、同時に国内市場でのラトビアの起業家の競争力が高まります。海外。

海外に20の駐在員事務所を誇る州庁は、ラトビアの観光振興を担当する機関でもあります。 ローマ、ミラノ、ヴェネツィアから運航するエアバルティックの直行便のおかげで、新しいパッケージツアーが提供されています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

チーフアサインメントエディター

チーフアサインメントエディターはOlegSziakovです