アソシエーションニュース 速報国際ニュース Breaking Travel News クルージング グアム速報 ホスピタリティ産業 ニュース 観光 交通 旅行先の更新 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

南太平洋クルーズアライアンスがグアムを歓迎

南太平洋クルーズアライアンスがグアムを歓迎

世界 南太平洋クルーズアライアンス ミクロネシアの米国領土を発表できることを嬉しく思います グアム 組織に参加しました。

「グアムは今年でXNUMX番目のメンバーになり、XNUMX番目の新しいメンバーになります」と米領サモアのSPCA社長兼会長のDavidVaeafeは述べています。

今年XNUMX月にフロリダ州マイアミで開催されたSeatradeCruise Globalで、Wallis&Futunaが組織に加わりました。

「グアムは太平洋北部に位置し、アジアに近いため、東部市場からの理想的なクルージングの目的地であり、ミクロネシア周辺のクルージングの潜在的な母港となっています。

Vaeafe氏は、SPCAは、目的地がそのクルージングセクターを発展させるのに役立つ情報、ベストプラクティス、および経験を共有する機会を歓迎すると述べました。

「グアム経済開発局(GEDA)は、クルーズ市場における太平洋の地位を強化するためにSPCAおよびそのパートナーと協力するこの機会に非常に興奮しています」とGEDAのCEOであるメラニーメンディオラは述べています。

ルルド・レオン・ゲレロ知事の新しいリーダーシップの下で、GEDAは、より多くの雇用を創出し、起業家精神を促進し、すでに繁栄している訪問者産業の回復力を高めることを期待して、ミクロネシアへのクルーズ船の交通量を増やすイニシアチブに新たな息吹を吹き込んでいます。

「グアムは、主に日本と韓国から年間1.5万人以上の旅行者を受け入れています。 グアム国際空港局やグアム港湾局を含む入港地のアップグレードに数百万ドルを投資しており、グアムを一流のクルーズブランドの実行可能な母港として開発する計画を立てています」と彼女は述べています。

南太平洋クルーズアライアンスのメンバーは、アメリカ領サモア、クック諸島、フィジー、フランス領ポリネシア、グアム、ピトケアン諸島、サモア、トンガ、ウォリスフツナです。

2020年には、723隻のクルーズ船がSPCAの港と目的地に寄港します。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

チーフアサインメントエディター

チーフアサインメントエディターはOlegSziakovです