オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

インドの航空:5兆ドルの経済に向けた重要なイネーブラー?

indiaaviation2
India aviation

インドはすでに国内第5位の航空市場としてランク付けされていますが、継続的な成長により、XNUMX兆米ドルの経済を達成するためのインドの取り組みを後押しできるでしょうか。

  1. インド政府は、COVID-19が実際にその航空市場を助けたと主張しています。
  2. 空港は経済の構築にどのように影響しますか?
  3. 2019年から2021年までの毎年、低下することなくレベルを維持することが期待されています。

インド航空は、インド政府の民間航空大臣であるHardeep Singh Puri氏が本日、今後200年以内に4の空港を開発する予定であると述べました。 彼は、COVID-19がインドの民間航空部門に新しい機会を提供したと述べました。 「今日、インドは国内で5番目に大きい航空市場であり、まもなく民間航空市場全体でXNUMX番目に大きくなる準備ができています。 インドの航空セクターはここ数年で指数関数的に成長し、XNUMX兆米ドルの経済に向けたインドの努力の重要な実現要因のXNUMXつであると同時に指標でもあります」と彼は付け加えました。

インド商工会議所連盟(FICCI)が主催する仮想セッション「民間航空セクターの未来とダイナミクス:インドを航空ハブにする」に取り組む エアロインディア2021–第13回ビエンナーレ国際展示会&会議、プリ氏は、「アトマニルバールバーラトの首相のビジョンは、世界のための製造業だけでなく、雇用の創出でもあり、航空部門は雇用創出に大きな相乗効果をもたらしました。」と述べました。

2040年の政府のビジョンについて話すと、プリ氏はビジョンが話していると言いました インドについて 航空ハブとして。 インドの航空インフラストラクチャは、近年の最近のアップグレードの恩恵を受けており、インドには効果的なインフラストラクチャを開発する能力があります。 その可能性を完全に実現するために、政府はインドの航空地図に遠隔地と地域を追加する政策に焦点を合わせているとプリ氏は説明した。

国内の空港の拡張について詳しく説明したプリ氏は、100年までに2024の新しい空港を追加する予定であり、その数字はインドの民間航空セクターにおける巨大な機会を示しています。 航空貨物セクターの重要性を強調し、パンデミックによってもたらされた課題にもかかわらず、インドの航空貨物セクターが示した回復力は、政策の変更とビジネスモデルの再調整によってもたらされた利益をもたらしていると述べた。 「私たちは、2021年を2019-20年と同じレベルで閉じる可能性があると予想しています」とプリ氏は付け加えました。

彼はさらに、現在インドでのヘリコプターの可能性は、インドと同じくらい大きな国の可能性をはるかに下回っていると述べた。 観光、鉱業、企業旅行、救急車、および国土安全保障における民間使用のためのヘリコプターの要件が高まっています。 同様に、インドを保守、修理、オーバーホール(MRO)ハブとして確立するための取り組みが進んでいます。 MROサービスを促進するために、政府はMROサービスに対する物品サービス税(GST)の削減などの多くの措置を講じていると彼は述べた。 これにより、外国のパートナーがインドに設立できるようになるだけでなく、インドの企業にも利益がもたらされます。 「インドは現在、5億米ドルの航空機スペア市場に重要な方法で参入する準備ができています」と彼は付け加えました。

インド政府の民間航空省長官であるプラディープ・シン・カロラ氏は、インドの航空部門の可能性を強調しながら、人々は今やポイントからポイントへ旅行したいと述べており、これは航空会社にとっての機会です。 「私たちは航空協定に取り組んでおり、航空会社に公平な競争の場を提供しています」と彼は述べました。

彼はさらに、現在インドには100以上の運用空港があり、政府は空港、ヘリポート、港、高度な着陸地を含む今後200年間で4の空港を開発することを目標としていると述べた。 「これのユニークな特徴は、官民パートナーシップ(PPP)を招待することです。 私たちは非常に成功したPPPを持っており、空港を経済活動のハブにするより多くの民間投資を探しています」とKharola氏は付け加えました。

FICCI民間航空委員会の委員長およびエアバスインドの社長兼マネージングディレクターであるレミマイラード氏は、COVID-19がインドに国際的なハブになる機会を与えたと述べました。 インドの航空会社には競争上の優位性があり、これを長距離便の開発に活用する必要があります。 「私たちは、回復力が非常に重要であることを発見しました。 航空は安全を意味するので、私たちは安全性について妥協したことはありません」と彼は付け加えました。

FICCI民間航空委員会の共同議長であり、プラット・アンド・ホイットニー・インディアのカントリーヘッドであるアシュミタ・セティ氏は、インドは最も急成長している市場として成長し続けると述べ、イノベーションと新興企業およびスキルを育成する必要があります。開発。 「私たちは、製造業者とOEMにインドでのスケールアップを奨励する必要があります」と彼女は付け加えました。 

民間航空省共同事務局長、ウシャ・パディー氏。 IATAカントリーディレクター、アミタブ・コスラ氏。 インディゴのCOO、ウォルフガング・プロック・ショーアー氏。 ボーイング・インディア社長、サリル・グプテ氏。 AirWorksのMD兼CEOであるDAnand Bhaskar氏も、彼らの見解を共有しました。

#rebuildingtravel