航空会社 航空 速報国際ニュース ホスピタリティ産業 ジャマイカ速報 ニュース 再建 リゾート 安全性 観光 交通 旅行先の更新 旅行の秘密 今流行っている アメリカの最新ニュース さまざまなニュース

ジャマイカで誘拐された:ジェットブルーとジャマイカは国際的な論争に等しい

隠蔽
JetBlueの客室乗務員:ジャマイカで誘拐されましたか?

元ジェットブルー航空の客室乗務員は、彼女がCOVID-19の検査で陽性だったため、ジャマイカの汚いホテルの部屋で「人質にされた」と主張しています。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  1. JetBlueは、ジャマイカ政府と国民に公式の公の謝罪を発表します。
  2. 警察は潜在的な犯罪現場を調査するために派遣されました。
  3. コリアーは隠蔽と脅迫を主張している。

ジェットブルー航空の元客室乗務員であるカリナ・コリアーは、ジャマイカへのフライト後、COVID-19の検査で陽性だったとして、ホテルで「人質にされた」と主張した後、XNUMX月上旬にヘッドラインを飾りました。彼女はテストで陽性でした。 ジャマイカ当局は同意しません。

まだジャマイカにいる間、コリアーはインスタグラムで、彼女はCOVID陽性ではなく、リゾートの汚い部屋で「人質にされていた」と述べた。 その結果、彼女の釈放を促すソーシャルメディアキャンペーンが行われました。

ジャマイカの警察はホテルに調査に行き、彼女は「危険にさらされている」わけでも「いつでも」いないという声明を出しました。 ジャマイカ憲法部隊はまた、「ジャマイカで誘拐された外国人についての虚偽の報告」を広めるのをやめるよう国民に促した。

数日後、コリアーが米国に戻ったとき、彼女は再びインスタグラムに行き、彼女はネガティブなテストをしたこと、そしてホテルは「言葉が出て、残りの間リゾートに滞在することを余儀なくされた後、彼らのトラックをカバーし続けた」という彼女の声明を支持しました私の「検疫」の。」

コリアーは明らかにCOVID-19について複数回テストされており、彼女がどのテストを参照しているかは明らかではありません。 彼女はまた、彼女自身の言葉は彼女が「人質にされている」というものであったが、彼女が誘拐されたと以前に言ったことは一度もないと主張した。

彼女はさらに、ジャマイカ警察が彼女の部屋に到着したとき、彼らは「最初から私を不当に扱ったリゾートの声明を出すように私を脅迫しようとした」と主張した。

世界 JetBlueのCEO、ロビン・ヘイズは、ジャマイカ政府と人々に公に謝罪しました、および航空会社の担当者は次のように述べています。「私たちは、この事件が引き起こしたフラストレーションと懸念について引き続き謝罪し、ジャマイカが実施した健康プロトコルに対する自信を改めて表明します。」 JetBlueは、コリアーが航空会社の客室乗務員として雇用されなくなったことを確認しました。

ジャマイカへの旅行者 現在、国に旅行する19日前までに行われたCOVID-10検査(PCRまたは抗原)が陰性であることの証明を提示する必要があります。 米国はまた、米国への出発から3日以内に行われた否定的なテストの結果を提供することをすべての外国人旅行者に要求しています。 検査で陽性となった旅行者の場合、CDCは、「医療提供者または公衆衛生当局」からの手紙を提出して、個人の飛行を許可するよう求めています。

#rebuildingtravel

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

Linda Hohnholz、eTN編集者

Linda Hohnholzは、キャリアをスタートして以来、記事の執筆と編集を行ってきました。 彼女はこの生来の情熱をハワイパシフィック大学、シャミナード大学、ハワイチルドレンズディスカバリーセンター、そして現在はTravelNewsGroupなどの場所に適用しています。