オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

インドへの往復旅行に関する正確な規制

モディはインドを21日間完全に封鎖します
モディはインドを21日間完全に封鎖します

COVID-19の間に観光客としてインドに旅行する方法は?

インドは、世界の他の地域と比較して、英国、ヨーロッパ、および中東からインドに来る乗客に対して非常に異なる入国規制を発行しています。

  1. インド政府保健家族福祉省は、17年2021月XNUMX日にインドへの国際旅客到着に関する新しいガイドラインを発表しました。
  2. インドは、世界保健機関によって報告されたように、新しいウイルス株の伝染性の増加を認識しました
  3. 規則には、搭乗前、飛行中、到着時、およびインド到着後の規則が含まれます。

賃貸システムの概要

インド最近私は予防接種証明書を導入しました この出版物で報告されているように、観光客のために。

COVID-19の文脈では、インド政府は、熱スクリーニングとテストの多面的な戦略を通じて、海外旅行者、特にインドへのリスクのある旅行者を特定するための入国手続きに従っています。

SARS-CoV-2の変異型変異体が多くの国で流通しており、これらの変異型変異体が原産国でパンデミックを引き起こしているという証拠が増えています。 これまでのところ、流通している2つのSARSCoV-202012バリアントviz-a-viz(i)UKバリアント[VOC 01/1.1.7(B.501)](ii)南アフリカバリアント[2Y.V1.351(B.1)] (iii)ブラジルの亜種[P.1(P.86)] –それぞれ44、15、XNUMXか国で検出されています。

World HealthOrganizationによって報告されているように、XNUMXつのバリアントすべてが伝達率の向上を示しています。

範囲

保健家族福祉省は、民間航空省と協議して、SARS-CoV-2の変異株の輸入のリスクを最小限に抑えるために必要な侵入行動に関する状況を検討しました。 このドキュメントでは、次のXNUMXつの部分で実行する必要のあるすべてのアクションについて説明します。

•パート(A)インドに来るすべての海外旅行者のための標準的な操作手順

•パート(B)英国、ヨーロッパ、および中東からの場合の追加手順。

フライトサービスの入国空港は、民間航空省が以下に基づいて決定します。

二国間/ヴァンデバーラトミッション(VBM)のフライト。

この標準操作手順は、22年2021月23.59日(XNUMX時間IST)からさらに注文があるまで有効です。 リスク評価に基づいて、この文書は随時見直されるものとします。

パートA–英国、ヨーロッパ、中東発のフライトを経由する旅行者を除くすべての海外旅行者向け

A.1。 旅行の計画

私。 すべての旅行者は、(i)オンラインのAirSuvidhaポータルで自己申告フォームを提出する必要があります (www.newdelhiairport.in)予定された旅行の前に(ii)ネガティブなCOVID-19RT-PCRレポートをアップロードします。 このテストは、旅に出る前の72時間以内に実施する必要がありました。

各乗客はまた、報告の信憑性に関する宣言を提出するものとし、別段の発見があった場合、刑事訴追の責任を負います。

ii。 彼らはまた、ポータルまたはその他の方法で民間航空省、政府に事業を提供する必要があります。 インドの、関係する航空会社を通じて、14日間、または必要に応じて、自宅の検疫/健康状態の自己監視を受ける適切な政府当局の決定に従うことを許可される前に。

iii。 否定的な報告なしにインドに到着することは、家族の死亡の緊急時にインドに旅行する人にのみ許可されるものとします。

iv。 上記(iii)に基づいてそのような免除を求める場合は、オンラインポータルに申請するものとします(www.newdelhiairport.in)搭乗の少なくとも72時間前。 オンラインポータルで伝達された政府による決定は最終的なものとなります。

A.2。 搭乗前

v。すべきこととすべきでないことは、関係する航空会社/機関によって旅行者へのチケットと一緒に提供されるものとします。

vi。 航空会社は、Air Suvidhaポータルの自己申告フォームに記入し、陰性のRT-PCRテストレポートをアップロードした乗客のみに搭乗を許可します。

vii。 搭乗時には、無症候性の旅行者のみがサーマルスクリーニング後に搭乗できます。

viii。 すべての乗客は、モバイルデバイスにAarogyaSetuアプリをダウンロードすることをお勧めします。

ix。 空港では、環境衛生や消毒などの適切な予防措置を講じる必要があります。

バツ。 搭乗中は、物理的な距離を確保するためのすべての可能な対策を確実にする必要があります。

A.3。 旅行中

xi。 従うべき予防措置を含むCOVID-19に関する適切な発表は、空港、飛行中、および輸送中に行われるものとします。

xii。 機内では、マスクの着用、環境衛生、呼吸器衛生、手指衛生などの必要な予防措置を航空会社のスタッフ、乗務員、およびすべての乗客が遵守する必要があります。

A.4。 到着すると

xiii。 降車は、物理的な距離を確保するために行う必要があります。

xiv。 熱スクリーニングは、空港にいる保健当局によってすべての乗客に対して実施されます。 オンラインで記入された自己申告書は、空港の保健スタッフに提示されるものとします。

xv。 スクリーニング中に症候性であることが判明した乗客は、健康プロトコルに従って直ちに隔離され、医療施設に運ばれるものとします。

xvi。 到着前のRT-PCR検査を免除された乗客[パラ(iii)および(iv)

上記のA.1](事前に承認され、オンラインポータルに示されているように)は、それぞれの州のカウンターに同じことを表示します。 指定されたエリアでのサンプル収集が優先され、サンプルが収集され、空港からの退出が許可されます。 彼らは14日間彼らの健康状態を監視しなければならない(関係する州当局/空港運営者によってそのような旅行者に伝えられるであろう空港で採取されたサンプルの陰性試験報告に従う)。

xvii。 Air SuvidhaポータルにRT-PCR陰性証明書をアップロードした他のすべての乗客は、空港を離れる/トランジットフライトを利用することが許可され、14日間自分の健康状態を自己監視する必要があります。

xviii。 そのようなすべての乗客には、検疫または自己監視中にいつでも症状が発生した場合に州/全国コールセンターに通知するために、国および州レベルの監視官のリストとそれぞれのコールセンター番号も提供されます健康。

海港/陸港に到着する海外旅行者

xix。 海港/陸港から到着する海外旅行者も、現在オンライン登録の施設が利用できないことを除いて、上記と同じプロトコルを受ける必要があります。

xx。 そのような旅行者は、到着時に港/陸港でインド政府の関係当局に自己申告書を提出しなければなりません。

パートB–英国、ヨーロッパ、中東発のフライトで出入りするすべての海外旅行者向け

上記のすべての条項(パートA)は、以下に指定されているテスト、検疫、および隔離に関する条項を除き、英国、ヨーロッパ、および中東発のフライトから出入りする旅行者に適用されるものとします。

上記の範囲で説明されているように、英国、ヨーロッパ、および中東発のフライトから発着するすべての海外旅行者は、予定されている旅行の前に、オンラインのAir SuvidhaポータルでCOVIDの自己申告フォーム(SDF)を提出する必要があります。彼らの旅行履歴(過去14日間)。

私。 SDFに記入する際、SDFに必要な他のすべての情報を提供する以外に、乗客は以下を選択する必要があります。

a。 彼らが到着空港で下船することを計画しているか、インドの最終目的地に到達するためにさらに飛行機に乗ることを計画しているかどうか。

b。 この選択に基づいて、SDF(トランジット旅行者にオンラインで発送)の領収書には、他のテキストよりも読みやすく大きなフォントで「T」(トランジット)が表示されます。

c。 乗客は、この領収書を空港の州当局/政府関係者に提示して隔離する必要があります。

ii。 英国、ブラジル、南アフリカからの乗り継ぎ便を利用する必要がある乗客のテスト要件を念頭に置いて、航空会社は、入国空港(インド)で最低6〜8時間の通過時間の必要性について乗客に通知する必要があります。乗り継ぎ便のチケットを予約している間。

iii。 英国、ヨーロッパ、中東から到着するすべての乗客はネガティブを運ぶものとします

旅に出る前の72時間以内にテストが行​​われるべきだったRT-PCRテストレポート。 同じことがオンラインポータル(www.newdelhiairport.in)にもアップロードされます。

iv。 航空会社は、Air SuvidhaポータルでSDFに記入し、陰性のRT-PCRテストレポートをアップロードした乗客のみに搭乗を許可します。

v。関係する航空会社は、チェックインの前に、空港の待機エリアに目立つように表示するほか、このSOP、特にこのSOPのパートBの条項(ix)について旅行者に説明する必要があります。

vi。 航空会社は、英国、ブラジル、南アフリカから到着/通過する海外旅行者を特定し(過去14日間)、これらの旅行者に関して当局が適切なプロトコルに従うのを容易にするために、機内または下船中にそれらを分離する必要があります。

vii。 乗客に関連情報を説明する機内アナウンスも行う必要があります。 この点に関する関連情報は、到着空港の到着エリアと待合エリアに目立つように表示されるものとします。

viii。 これらの特定された空港の入国管理官はまた、旅行者の特定を確実にするものとします。

(パスポートから)英国、ブラジル、南アフリカから発信または通過した人(過去14日間)。

ix。 英国、ヨーロッパ、または中東発のフライトから到着/通過するすべての旅行者は、到着時に強制的に自己負担の確認分子検査を受けるものとします。

関係するインドの空港(入港地)。 電話番号と住所に関する自衛隊への記入は再確認されます。

バツ。 確認用の分子検査を待っている乗客のための適切な手配、および効果的な隔離後の検査結果も、空港当局と協力して空港で行うことができます。

xi。 空港当局は、混雑や乗客の不便を避けるために、シームレスなサンプリング、テスト、および待機の手配を確実にするために、関係する空港でテストするためのシステムの合理化を確実にするものとします。 乗客が入口空港に到着したら、空港運営者は、待機ラウンジとターミナルの出口につながるそれぞれの到着ターミナルで、そのような乗客のために明確に定義された流れを設定する必要があります。

xii。 空港は、それぞれのWebサイト(Air Suvidhaポータル)またはその他の適切なプラットフォームを介して確認分子検査のオンライン予約を行うオプションと、オフライン予約を行うオプションを乗客に提供できます。 可能な限りデジタル決済機能を確保する。

xiii。 乗客用のサンプル収集兼待機ラウンジは、保健家族福祉省が随時発行するすべての衛生および物理的距離に関連するガイドラインに従う必要があります。

xiv。 関係する州/ UT政府は、SOPの実施を容易にするために、関係する空港にヘルプデスクを設置する必要があります。

xv。 到着国際空港(自衛隊の「T」)から乗り継ぎ便を利用する英国、ブラジル、南アフリカからの旅行者。

a。 指定されたエリアでサンプルを提供し、6〜8時間かかる可能性のある陰性のテストレポートを確認した後にのみ空港を出ます。

b。 空港での検査で陰性と判明した英国、ブラジル、南アフリカからのトランジット旅行者は、乗り継ぎ便に乗ることが許可され、自宅で7日間検疫され、関係する州/地区IDSPによって定期的にフォローアップされます。 これらの旅行者は7日後に検査され、陰性の場合は検疫から解放され、さらに7日間健康状態を監視し続けます。

c。 陽性と判定されたすべての人は、以下の条項(xviii)に詳述されている手順を経るものとします。

xvi。 到着空港に存在する英国、ブラジル、南アフリカからのすべての旅行者:

a。 指定されたエリアでサンプルを提供し、空港を出ます。 その後、州統合疾病監視プログラム(IDSP)がフォローアップされます。

b。 関係する州当局/空港運営者は、テストレポートを収集して旅行者に伝えます。

c。 テストで陰性の場合、7日間自宅検疫に留まり、関係する州/地区IDSPによって定期的にフォローアップされます。 これらの旅行者は、7日後に再度検査され、陰性の場合は検疫から解放され、さらに7日間健康状態を監視し続けます。

d。 陽性と判定されたすべての人は、以下の条項(xviii)に詳述されている手順を経るものとします。

xvii。 ヨーロッパおよび中東からのその他すべての旅行者(ブラジル、南アフリカ、および英国からのフライトを除く)で、目的地の空港を出るか、最終的な国内目的地への乗り継ぎ便を利用する必要があります。

a。 指定された場所でサンプルを提供し、空港を出なければならない。

b。 関係する州当局/空港運営者は、テストレポートを収集して旅行者に伝えます。

c。 テストレポートが陰性の場合、14日間自分の健康状態を自己監視するようにアドバイスされます。

d。 テストレポートが陽性の場合、標準的な健康プロトコルに従って治療を受けます。

xviii。 ブラジル、南アフリカ、および英国からの旅行者が、(空港で、またはその後の自宅検疫期間中、または陽性になった連絡先のいずれかで)陽性と判定された場合は、それぞれの州が調整する別の(隔離)ユニットの施設隔離施設で隔離する必要があります。保健当局。 彼らは、そのような隔離と治療のために特定の施設を指定し、陽性サンプルをインドのSARS-CoV-2ゲノミクスコンソーシアム(INSACOG)ラボに送るために必要な措置を講じます。

a。 シーケンシングの報告が、国内で流行している現在のSARS-CoV-2ウイルスゲノムと一致している場合。 症例の重症度に応じた施設レベルでの自宅隔離/治療を含む進行中の治療プロトコルに従うことができます。

b。 ゲノム配列決定がSARS-CoV-2の新しい変異体の存在を示している場合、患者は別の隔離ユニットに留まり続けます。 既存のプロトコルに従って必要な治療が行われますが、患者は最初の検査で陽性と検査された後、14日目に検査されるものとします。 患者は、サンプルが陰性であるとテストされるまで隔離施設に保管されます。

xix。 ヨーロッパおよび中東を出発し、インドのデリー、ムンバイ、ベンガルール、ハイデラバード、およびチェンナイ空港に着陸するフライトの州ごとの乗客マニフェストは、移民局によって州政府/統合疾患に伝達されるものとします。

監視プログラム(IDSP)[[メール保護] このデータが監視チームに提供されるように、それぞれの州政府によって提供される指定された電子メール]。 入国管理局によって提供されたマニフェストのこのデータは、「AIRSUVIDHA」ポータルで利用可能なオンラインの自己申告フォームによって補足されます。

xx。 英国、南アフリカ、ブラジルから到着し、(空港で、またはその後の自宅検疫期間中に)陽性と判定された旅行者のすべての連絡先*は、個別の検疫センターで施設検疫を受け、7日目(または症状が現れた場合は早期に)。 したがって、テストで陽性となった連絡先は、条項に記載されているようにさらに追跡されるものとします。

(xviii)上記。

xxi。 このSOPの範囲内で別の州に移動した乗客に関する情報は、関係する州保健局に直ちに通知されます。 乗客が最初またはフォローアップ中に追跡できない場合は、地区監視官からIDSPの中央監視ユニットに直ちに通知する必要があります。

短期滞在の海外旅行者

xxii。 短期滞在(14日未満)で、検査結果が陰性で症状がないままの海外旅行者(パートAまたはパートBの対象)は、上記のすべての手続きを経て、地区に適切な親密な関係でインドを離れることが許可されます。 /州の保健当局。航空会社と仕向国の要件を満たすことを条件とします。

*容疑者の連絡先は、同じ列に座っている同乗者で、前に3列、後ろに3列、特定された客室乗務員です。 また、(自宅の検疫期間中に)陽性と判定された旅行者のすべてのコミュニティの連絡先は、個別の検疫センターで14日間施設検疫を受け、ICMRプロトコルに従ってテストされます。

ノート

•州は、(必要に応じて)リスク評価に従って、テスト、検疫、隔離に関する追加要件を検討する場合があります。

•しかし、州は、民間航空省と保健家族福祉省へのタイムリーな連絡の下で同じことを行うべきです。

•さらに、州は、旅行者の不便を避けるために、公式ウェブサイトでそのような追加要件を十分に前もって公表する必要があります。

•特定の州に向かう旅行者は、そのような追加要件について十分な情報を得るために、州固有の公式Webサイトを参照することも求められます。