速報国際ニュース Breaking Travel News 出張旅行 コスタリカの最新ニュース ニュース のワークプ 再建 責任 観光 旅行先の更新 旅行の秘密 トラベルワイヤーニュース さまざまなニュース

コスタリカは、デジタル遊牧民が滞在を延長するのを支援します

コスタリカは、デジタル遊牧民が滞在を延長するのを支援します
コスタリカは、デジタル遊牧民が滞在を延長するのを支援します

コスタリカは、遠隔地で働くことを選択する外国人にとって理想的な目的地になっています

印刷フレンドリー、PDF&電子メール
  • 米国、チリ、ポルトガルのデジタル遊牧民は、コスタリカで生活し、働くことの利点を強調しています
  • 彼らは、自然の美しさ、「国民の贈り物」、そしてCOVID-19に対するパンデミックに対する国の優れた管理について言及しています。
  • 移民と外国人によって付与された延長のおかげで、彼らの滞在は数ヶ月であり、いくつかはさらにXNUMX年追加されます

コスタリカは、遠隔地で働くことを選択する外国人にとって理想的な目的地になっています。 国は、パンデミックの適切な管理と、彼らの居住国の仕事をサーフィンのクラス、山への旅行、そしてプラビダと組み合わせる可能性を彼らに提供すると彼らは言います。

チリ、米国、ポルトガルのデジタル遊牧民は、ヤコ、マヌエルアントニオ、サンタテレサデコバノ、モンテベルデなどの地域に住み、働いてきました。

現在、立法議会の議員がプロジェクトNo. 22215を分析しているため、この経験は、固定された場所に依存せず、テクノロジーを使用して作業を行うより多くの人々をすぐに引き付ける可能性があります。国際的な性質のリモートサービス。

メキシコのコンサルタント会社の財務および戦略ディレクターであるポルトガルのVivianaGomes Lopesは、サーフィンや自然が好きなら、 コスタリカ 理想的な場所です。

「最初の例では、それは素晴らしい国です」と、サンタテレサに住んでいたゴメスロペスは言いました。 「彼らはパンデミックを非常にうまくコントロールしてくれました。それが私が滞在し、私の居住地であるメキシコシティに行かなかった主な理由のXNUMXつです」と彼は付け加えました。

ゴメスロペスは2020年XNUMX月にコスタリカに到着し、XNUMX週間滞在しました。 パンデミックは彼女をコスタリカの土壌に驚かせ、彼女の合法的な居住許可が許す限り、プンタレナスのサンタテレサデコバノでの滞在を延長しました。 そこから、彼はプロの仕事とサーフィンのレッスンを組み合わせました。 彼の夢はコスタリカに戻ることではありません。

「長期間滞在する観光客は、地元での購入が増え、数週間または数か月間レンタカーを借り、美容院、スーパーマーケット、レストランなどのサービスを利用するため、観光によって生み出されるバリューチェーンでより多くのお金を再分配します。ソーダ、ランドリー、八百屋、医療サービスなど、コミュニティ内の他のビジネスでは、リモートワーカーの選択肢になることが重要です」と観光大臣のグスタボセグラサンチョは述べています。

コスタリカの倫理的な美しさによってキャプチャされました

法案が立法議会で承認された場合、遠隔地の労働者は国にXNUMX年間滞在する許可を取得し、さらにXNUMX年間延長可能であり、銀行口座を開設し、自国の運転免許証を使用する可能性があります。 、とりわけ。

「パンデミック前の需要が回復する前に、観光業の回復がさらに最大XNUMX年間続く可能性がある現在の状況では、デジタル遊牧民のセグメントがセクターの回復の鍵であり、世界の他の目的地が持っている賭けです。すでに進んだ世界」とセグラ大臣は語った。

コスタリカのセリーナ宿泊施設のカントリーオフィスの責任者であるMeganKennedyは、デジタル遊牧民の概念は、常に仕事のための設備が整っており、十分なスペースがあるため、創業以来このチェーンの一部であると説明しました。 Wi-Fi接続容量により、コスタリカの土壌から離れた場所で仕事をする世界中からのゲストの増加を体験することができました。

「私たちはインターネットの速度を増幅し、コワーキングエリアだけでなく、仕事の電話のためのより多くのプライベートな場所を作成しています。 コスタリカにとってのメリットは明らかです。なぜなら、人々はここに住み、食べ物や服を買い、レンタカーを借り、仕事を続けながら経済に参加するからです」とケネディ氏は述べています。

「ビーチはサーフィンをするのに素晴らしく、すべての町の人々の愛情深い扱いは素晴らしく、気候は私、そして自然と国立公園を魅了しました。 コスタリカは遠隔地で仕事をするのに理想的です」とチリの起業家でデジタル遊牧民のラウル・リーブスはコメントしました。

印刷フレンドリー、PDF&電子メール

著者について

ハリー・ジョンソン

ハリー・ジョンソンは、 eTurboNews ほぼ20年間。
ハリーはハワイのホノルルに住んでいて、ヨーロッパ出身です。
彼は書くのが大好きで、 eTurboNews.