オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

同性結婚に関するカトリック教会:罪は祝福され得ない

Catholic Church on gay marriage

教理省(CDF)は、カトリック教会は同性の組合を祝福することはできないと述べた、とバチカンは15年2021月XNUMX日月曜日に言った。

  1. カトリック教会には同性の組合に祝福を与える力がありますか? 答えは:否定的です。
  2. 教理省の会衆はそれが罪人を愛していると言っていますが、これは教会が罪を正当化するという意味ではありません。
  3. カトリックは、結婚の絆を、生命と生殖に開かれた男性と女性の間の結合と見なしています。

カトリック教会の教理省(CDF)は、「デュビウム」(疑い)の質問に答えて、「そのような祝福の合法性を考慮することはできません」と述べました。 したがって、司祭は、彼らの組合のある種の宗教的承認を求める同性愛者のカップルを祝福すべきではないとCDFは述べた。 教皇フランシスコは、デュビウムへの応答の公表に「彼の同意を与えた」と、CDFを確認しました。

教会はノーと言っていません 同性結婚。 ゲイの組合は、事実上のものであれ、事実上のものであれ、私的な合意のように非常に世俗的な公文書によって認可されているものであれ、あらゆる形の祝福を得ることができるという純粋な偶然性にノーと言っています。 カトリック教会 彼女の人々を統治しているが、世紀の傾向に従うことを犠牲にしてはいない、とAGIは報告した。

「私たちは罪人を愛し、教理省のために教理省を書いていますが、これは教会が罪を正当化することを意味するものではありません。」

元聖職者の首長であり、祝福の否定と説明文の資料執筆者であるルイス・ラダリア枢機卿が発表に参加し、ベルゴリオ自身も「署名された教理省長官に与えられた聴衆の過程で通知し、彼の同意を与えました。」 秘書は、記録のために、チェルヴェーテリ(ラツィオ地域)ジャコモモランディの大司教です。

罪は祝福されません

質問の伝統的な形式である「デュビウム」とその答えの中で、ここに要約した質問があります。 デュビウム:「教会には同性の組合に祝福を与える力がありますか?」 答えは「ネガティブ」でした。

詳細な説明は次のように要約された情報に従います。「人と人との間で理解される結婚の絆によって結ばれた夫婦に直面していないので、どんな形であれ、罪によって特徴付けられる状況に祝福を与えることはできません。と女性と人生と生殖に開かれています。 実際、これらの前提条件のXNUMXつでも実現しません。 祝福は、認識と平準化の代替形式と見なされる可能性があるため、そうすることはできません。」

これはすべて、「いくつかの教会の領域では、同性の組合のための祝福のプロジェクトと提案が広がっている」という事実にもかかわらずです。 もちろん、「これらのプロジェクトは、信仰の成長の道が提案されている同性愛者を歓迎し、同性愛者に同行するという誠実な意志によって頻繁に動機付けられることはありません。そのため、同性愛者の傾向を示す人々は、神のことを完全に理解し、実現するために必要な助けを得ることができます。彼らの生活の中で意志。」

しかし、同行し、理解し、相互作用することと、同等化、正当化、認識、および認めるという印象を与えることはまったく別のことです。

「ある人間関係に祝福がもたらされるとき、創造に刻まれ、主なるキリストによって完全に明らかにされた神の計画に従って、祝福されたものが客観的かつ積極的に恵みを受け、表現するように命じられる必要があります」と説明します。ラダリア枢機卿によって署名された文書。

「それらのデザインに奉仕するように命じられた現実だけが、教会によって与えられた祝福の本質と両立します。」

したがって、「結婚以外の(つまり、人生の伝達に開かれた男女の不溶性の結合の外で)性的慣行を伴う関係、または安定したパートナーシップに祝福を与えることは許されません。同性の人同士の組合の場合のように。」

もちろん、これらの組合の場合によっては、本当の「肯定的な要素、それ自体も評価され評価されるべき」は認識できますが、そうではありません。教会の祝福はそうではありません。「これらの要素は秩序のない奉仕で見つけられます。創造主のデザインへの結合。」

代替認識

別の点は、特に教会にとって微妙なものです。「同性愛者の組合の祝福は、ある意味で、結婚式の祝福との類似性への模倣または言及を構成するでしょう。」 つまり、誠意を持って与えられた祝福を、結婚組合の承認の控えの間にしないように注意してください。

これが、同性愛者に対する「不当な差別」について語ることができない理由です。 教会は彼らをそのように差別しませんが、「典礼の儀式の真理と「秘跡の本質」に深く対応するものを思い出すこと」に自分自身を制限します。

「教会の誰もが、敬意と繊細さに関して同性愛の傾向を持つ人々を歓迎し、福音を完全に宣言するために、教会の教えと一致する最も適切な方法を見つける方法を知っています。」

同性愛者は「教会の誠実な近さを認識し、誠実な利用可能性をもってその教えを受け入れます」。 「同性愛者に祝福が与えられることを排除する」のではなく、「教会の教えによって提案された神の明らかにされた計画に忠実に生きる意志を示す」ことを条件とします。

問題の核心(十字架)は常に同じであるため、「私たちは彼らの組合を違法と認めるあらゆる形態の祝福を宣言します」。なぜなら、教会は「罪を祝福することも、祝福することもできないからです。それは罪深い人を祝福するので、彼は彼が彼女の愛の計画の一部であることを認識し、彼によって自分自身が変えられることを許すかもしれません。」