オートドラフト

私たちを読んでください | 私たちに耳を傾ける | 私たちを見てください | SOULNATIONに ライブイベント | 広告をオフにする | Live |

この記事を翻訳するには、あなたの言語をクリックしてください。

Afrikaans Afrikaans Albanian Albanian Amharic Amharic Arabic Arabic Armenian Armenian Azerbaijani Azerbaijani Basque Basque Belarusian Belarusian Bengali Bengali Bosnian Bosnian Bulgarian Bulgarian Catalan Catalan Cebuano Cebuano Chichewa Chichewa Chinese (Simplified) Chinese (Simplified) Chinese (Traditional) Chinese (Traditional) Corsican Corsican Croatian Croatian Czech Czech Danish Danish Dutch Dutch English English Esperanto Esperanto Estonian Estonian Filipino Filipino Finnish Finnish French French Frisian Frisian Galician Galician Georgian Georgian German German Greek Greek Gujarati Gujarati Haitian Creole Haitian Creole Hausa Hausa Hawaiian Hawaiian Hebrew Hebrew Hindi Hindi Hmong Hmong Hungarian Hungarian Icelandic Icelandic Igbo Igbo Indonesian Indonesian Irish Irish Italian Italian Japanese Japanese Javanese Javanese Kannada Kannada Kazakh Kazakh Khmer Khmer Korean Korean Kurdish (Kurmanji) Kurdish (Kurmanji) Kyrgyz Kyrgyz Lao Lao Latin Latin Latvian Latvian Lithuanian Lithuanian Luxembourgish Luxembourgish Macedonian Macedonian Malagasy Malagasy Malay Malay Malayalam Malayalam Maltese Maltese Maori Maori Marathi Marathi Mongolian Mongolian Myanmar (Burmese) Myanmar (Burmese) Nepali Nepali Norwegian Norwegian Pashto Pashto Persian Persian Polish Polish Portuguese Portuguese Punjabi Punjabi Romanian Romanian Russian Russian Samoan Samoan Scottish Gaelic Scottish Gaelic Serbian Serbian Sesotho Sesotho Shona Shona Sindhi Sindhi Sinhala Sinhala Slovak Slovak Slovenian Slovenian Somali Somali Spanish Spanish Sudanese Sudanese Swahili Swahili Swedish Swedish Tajik Tajik Tamil Tamil Telugu Telugu Thai Thai Turkish Turkish Ukrainian Ukrainian Urdu Urdu Uzbek Uzbek Vietnamese Vietnamese Welsh Welsh Xhosa Xhosa Yiddish Yiddish Yoruba Yoruba Zulu Zulu

セイシェルでのクルーズ船の寄港の再開

セイシェルでのクルーズ船の寄港の再開
セイシェルでのクルーズ船の呼び出し

31年2021月XNUMX日水曜日に開催された会議で、内閣はセイシェルでのクルーズ船の寄港の再開について話し合った。

  1. セイシェルのクルーズ部門のモラトリアムは解除されました。
  2. 出発点として、最大300人の乗客を収容できる小型で持続可能なクルーズ船のみがポートビクトリアに停泊することが許可されます。
  3. すべての船舶は、確立された国際基準および保健省の基準に準拠した、確立された健康および安全プロトコルを備えている必要があります。

会議は、2020年16月に課されたモラトリアムに続いて、クルーズ部門の即時再開を承認した。これは、2021年XNUMX月XNUMX日に開催された、政府と民間部門の代表者からなる観光担当大臣が議長を務める利害関係者会議に続き、セイシェルでのクルーズ船の呼び出しの再開の。

COVID-19のパンデミックとそれに伴うリスクと影響により、2020年XNUMX月にセイシェルへのクルーズ船の入港にモラトリアムが課されました。 しかし、政府は、クルーズ船が経済に与える影響を認識し、世界的大流行とその蔓延を緩和する方法と手段についての理解を深め、セイシェルをクルーズ船に暫定的に再開するプロセスを開始しました。訪問者。

COVID-19パンデミックに関連するリスクを考慮して、内閣は、出発点として、最大300人の乗客を収容できる小型で持続可能なクルーズ船のみがポートビクトリアに停泊し、 セイシェル。 これらの船は、高い購買力を持つハイエンドの顧客を引き付ける贅沢な終わりになり、それによってより大きな付加価値を提供します。

内閣は、すべての船舶は、確立された国際基準および保健省の基準に準拠した、十分に確立された安全衛生プロトコルを備えている必要があると助言しました。 プロトコルは、ツアーやその他の関連活動に参加する下船クライアントにまで拡張する必要があります。 さらに、船内でのCOVID-19の発生の影響を軽減するために、内閣は、すべての乗組員と乗客にワクチン接種を奨励する必要があることを承認しました。

内閣はさらに、厳格なガイドラインの下で、島の高給のプレミアムゲストが享受する環境と静けさを妨げないように、特定の指定された島に下船できるのは少数の訪問者のみであることを承認しました。

さらに、内閣は、観光を担当する省が議長を務める関連する利害関係者の委員会を設置して、クルーズ観光客から最大の利益を得る方法を明確にする包括的な行動計画を策定することを勧告した。 委員会は、セクターの成長をサポートし、収入が国民経済に浸透することを可能にする追加の活動とプログラムを促進するために必要な関連プラットフォームを評価および開発します。

この決定は、セイシェルが同様に努力している「価値が高く、影響が少ない」観光モデルという政府のアプローチ、および地元住民と訪問者の一般的な健康を保護する必要性に沿ったものです。 

セイシェルに関するその他のニュース

#rebuildingtravel